秋刀魚は鮫になりたくて

アクセスカウンタ

zoom RSS 梨塾マラソン 荒川チャレンジ (20060318) (後編)

<<   作成日時 : 2006/03/25 15:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

認めねえよ。喰われてたまるかってんだ。

27km通過。徐々に筋肉の動きが硬くなる。一旦ストレッチを入れようとコース脇に停止。
屈伸を1回…2…か…
ん!?…なんか嫌な感じ。
あまり素直に伸びない大腿筋に違和感を感じ2回目は止めて歩き出す。
ん。問題ない大丈夫まだ走れる。ストレッチがスムースに出来なかった事は若干気になるが、
去年も似たようなものだったし、深く考えないようにして再び走り出す。
堀切の橋を越えての一気の下り坂は走行ペースを若干落とし腿に負担掛けないようにして下った。
下るとほんの少し風が弱くなった。やはり土手の上よりは幾分楽だ。
そしてまた随分にぎやかな合唱や沿道声援が戻ってきた。

そのゾーンを若干過ぎたところに
あ。まだ居てくれてた。つーか より一層パワーアップしてますやん(笑)
小旗を持って応援に来てくれてた友人が、小旗だけで飽き足らずトラポールまで振ってるよ!
いやー声援って笑いを取ることだったん?どっからもって来たのよ。そんなもん。
うれしいねぇ。いいバカッぷりだねぇ。自然と脚がススムってもんですよ。

とは言うものの流石にこの強風はただ事じゃなねえなァ。32〜35kmの走ってる時の感覚は
1kmってこんなに長かったか!?いくらなんでも看板が間違ってるってことは無いだろ?
進んでるのか?わし。距離感が完全に狂う。
腕時計を見ると給水でのタイムロスの無い区間なのにキロ当たり30秒〜1分くらい遅い。
流石に風が嫌だなァと同じ事ばかり考えてると段々鬱になってくるので思考を違う方向に持って行く事にした。
「向かい風が強いときは風が体を支えてくれるから膝には優しいはず」
・・・おう。確かにそうだったな。
「風が汗を飛ばしてくれるから汗拭く手間が無くていいじゃん」
・・・いや。そりゃどうでもいいw etc,etc.
取り合えず目標持とう。シャーベットまで頑張ろう。そうしようそうしよう。
そんな時、去年とほぼ同じ風景の中また足が攣り始めの感覚に襲われつつあった。
斜め前方にはエイドステーションが見える。
右大腿が弱く攣る・・・「認めない」
左大腿に痛みが移る・・・「認めないよ」
背筋にも重い痛み・・・「認めないってば」「気のせい気のせい」
強引に押さえつける。その後本格的に攣ることは無かったが自分の精神と肉体の要求の駆け引きに今年は辛勝できたようだ。

[シャーベットステーションまで後300m]
その看板からソコまで長かった〜。去年白いの食べたから今年はダイダイの方ね。
ちょっとでも風除けようとテント裏に。僅かに暖かい。なんとなく脚を完全に止めるのを嫌いその場で8の字ぐるぐるしながら食べる。おそらくオレンジだが味が分からない。その時になってやっと自分の息が上がってることに気が付いた。やはり向かい風で吸気効率が悪く、酸素不足気味のようだ。バイクならラムエアが効いて馬力が上がるが、悲しいかな人間の給排気は一箇所なのよね。普段なら2口程度のシャーベットもかなり時間かかって食べた。
さらにバナナ一口分と水を飲んでたっぷり歩きながら休憩。やっと呼吸も戻ってきた。
ゴミ箱にバナナの皮とコップをダンクシュートして再び自分に気合入れて行く。「ィヨシ!」
残り7km。普段の練習のショートコース分だな。
残りの体力は?・・・チョットきつい仕事した後程度だ。大丈夫。普段だってコレくらいから走りに出ることだってある。
大体この程度でへばっていては応援に来てくれた友人に申しわけないし、
だいたい応援に来てくれてるはずの姉貴を見つけられなかったし、このまま落ちたらあわせる顔ねぇジャン。若干自分をだましつつ進む。

再びコースは土手の上に。風がめちゃくちゃだ。
そこに100番台の青ゼッケンの人がチラホラ落ちてきた。
ん?この人たちってかなりのレベルで真剣に走ってる人たちでしょ?流石に風に喰われると普段通りの力が出せず潰されてしまうんだなァ。
しかし同情する余裕はコチラにも無いので無情にも風除けに使わせてもらいつつ更に前に向かう。
周りでは明らかにペースの落ちている人や歩いてる人が多くなってきた。
水門を横切る時風が遮られてポカポカ陽気の一角を通る。風さえなければ今日はこんなに暖かいんだと、その時になって前半戦の暖かさを思い出した。既に懐かしい。
と同時に身を硬くする。横風に備えて。今日に限ってはオアシスとも言える水門が終わる。
バイクでトンネル出るときの感覚だ。その備えの無い人たちが一気に振られていた。
意外なときにバイクの習性が役に立つものだ。よしよし。

土手の上のコースが終わり、また下るとコース脇の防球ネットが鳴いていた。
[レストステーション]
…?なんだか魅惑的なベンチが有ります。
[ココで休んで笑顔でゴールしましょう]
…うわ。めっちゃ魅力的!(笑)
・・・って誰が休むかァ!
んなトコで腰降ろしたら、絶対に足攣って動けんくなるがな。
チョットよだれ気味で横目で見つつ華麗にスルー。
あぶね。あぶね。
そして気が付けば何故かコースの右端、つまり一番風上を走っていた。
(風は右前30度から吹いていた)
みんな風に左側へ押し流されて(?)コースの右端は空いてて走りやすくなってるのよね。
でもソコは風除けの人が居ないので体力的にヒジョーに厳しぃ!
いかんいかんと、徐々に流れの中に戻る。盾下さい盾。

40km最終給水
コース上では最後の「ありがとう」を言う声も、聞こえるか聞こえないかという状態になってきた。ちゃんと声が出ない。
水をゆっくり飲んで体に染み渡らせる。相当息が荒い。歩いてもちっとも息が戻らない。
結局最後のゴミ箱までたっぷり歩いて、あと2km弱!再びゆっくりと走り始めた。
沿道声援が大きくなってきたような気がしたがほとんど聞き取れない。
風で声が流されてるせいもあるが自分の音を聞く力が落ちてきたような気がする。
ピッタリ合っていたはずのCW-Xが若干だぶついている。脚が痩せたというよりは萎縮してるのか。
さっき水飲んだのにノドが渇いた。暖かいカフェオレ欲しいなァ。ラーメン喰いてぇ。
肘のサポーターキツイなァ。ゴールはドコかなァ。長ぇ。

42km
突然あと残り195mになった。時計を見たらチャンと41kmのラップも取っている。
完全にラップを取る動作も無意識でやっていたようだ。半分意識dでねぇか?わし。
ゴールゾーンに入るものの目の前に見えているゴールの門が一向に近づいてこない。
100mってこんなに有るのか?えいちくしょ。最後くらい腕上げてゴールしてやる。

よっ。


4:07:27


・・・四時間掛かったか。
当初の秘めた目標ではグロスタイムで4時間切り目指していたけど。

スタートロス引いたネットタイムでは「3:55:42」…ん。まぁ、今日の風から言えば満足だな。
ゴール後の給水前エリアで姉貴を探すも見当たらない。風に飛ばされたのか?(笑)
まぁ、しゃあない。後で電話するか。

給水を水とスポーツドリンク両方はしごして靴のチップを外す。
座るのが難儀だ。しかもやっと外すも立てない。いててて。
荷物を受け取り梨塾集合地に付いたとたんに右大腿が完全に攣った。うがががいててて。
ギリギリだったな。もう少し攣るのが早くコース上で来てたらヤバかった。
何とか脚をなだめて姉貴に電話すると、見慣れた顔が眼前に有った。

何でココにいるの!?
両親まで応援に来ていた。こいつはびっくり。
びっくりしてまた足攣ったよ。いてててて(笑)あははいててて
結局走ってるところは見てないらしいのね。残念ですが。
まぁそりゃ2万人の中の一人は見つけられんわね。
でもわざわざ来てくれてるってのは素直にうれしいねぇ。

その後みんなで食べたラーメンは旨かった。
風が強いのでみんな風下の同じ方向向いて食べていたのは笑える。

その後時間が経つにつれ更に風は凶暴性を増した。
タイムが遅い人ほどドンドン不利になる。かなり色々ギリギリラッキーだったのかも。
まァ実際、応援に来てくれてる友人や姉貴が居るって分かってなかったら、もっと歩いていたかもしれないし、止まっていたかもしれない。止まれば風に喰われて進めなくなっていたかもしれない。
マラソンは走るのは個人だけど、わしの場合気持ちで支えられてやっとゴールさせてもらってる。
心理で自分で自分に負けてしまう。
応援の皆さん今年も支えてくれてありがとう。
ボランティアの皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました。


マラソンは30kmからメンタルスポーツ。


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえばシャーベットステーション。この糞冷えた体で食えるか!と通り掛かるまでは怒っていましたが、食えました。
黄色もオレンジもいただきました。

ごちそうさまでした。
kosuko
2006/03/27 00:32
お疲れ様でした。すっごい風でしたね^^;
by裏マラソン完走者
エリオン
2006/03/27 07:38
しっかしいいタイムで推移してやがるなあ(笑)
ねらい目はシャーベットあたりか?今年はまったくおいしく感じなかったな。

ハマちゃんもお疲れさんだったね!来年は一緒に走ろうぜ。
塾長
2006/03/27 19:27
横レス失礼します。
>塾長様、マミーさんも出るような様子なので、挑戦するつもりです。
エリオン
2006/03/27 23:21
>バイクでトンネル出るときの感覚だ。
すごい分かり易いけど、本当にスゴイ風だったんですね。
まあ、仮設トイレが飛ばされる位だから。。。
>シャーベット
これ、去年も思ったけど皆よく食べれますね。自分は食べてるイメージ湧かないや。いびがわは後半、日陰の下りで体が冷える不安があるからかな?
>マラソンは30kmからメンタルスポーツ。
本当ですね。でも、実はスタートからそうかもしれませんね。
オザワ
2006/03/27 23:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
梨塾マラソン 荒川チャレンジ (20060318) (後編) 秋刀魚は鮫になりたくて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる