秋刀魚は鮫になりたくて

アクセスカウンタ

zoom RSS 梨塾マラソンズ サロマチャレンジ(〜70km)

<<   作成日時 : 2007/07/04 14:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

キムアネップ岬に

国道の上り坂の頂点から左に折れ道は下って行く。
少し先のかぶり水バケツエイド。流石に暑くなってきたので少し前のエイドから頭と足に水をかけて冷やしてきた。ただ、靴を濡らすと靴擦れになりやすいため、靴はなるべく濡らさないようにかぶる。シルクソックスなら豪快に濡らしても大丈夫だけど先ほどの中間地点で選択したのは安物の方なので仕方ない。足先に塗ったディクトンが何とか守ってくれるだろう。
靴を濡らさないように脚だけにかけようとすると若干時間喰うので、後続の人に追いつかれてしまう。
ソコにかなりフラフラになった、まだ二十歳前と思われる若いランナーが「もう駄目かも。足が痛い」と嘆いて入ってきた。
「ココまで来てドコも痛いところが無い人なんて居ないよ。平然としてるけど、みんなどこかしら痛いんだよ。頑張って」
そんなこと言うわしは初参加で、実際には他の人がドコまで痛いのか知りはしないけど。
しかもわしはスタート前より痛いところが少なかったりしてるし。
嘘も方便。気持ちで負けたらウルトラは完走できない。ウルトラはフルとかの競技と違って順位を争う部分よりもみんなでゴールを目指す仲間と言う感じが強い。なのでこの若者にも頑張って欲しい。
励ますためとは言え若干の嘘をついている後ろめたさから、それ以上何も言えず先に走り始めた。
道を下り切るとキムアネップのキャンプ場と珊瑚草群生地が広がる。
サロマ湖に突き出た形のこの岬は夕日と朝日の美しい所として有名らしい。
9月の珊瑚草の咲く時季には幻想的な風景になるのだろうなぁ〜。と思いながらも今は雑草の広がる湿地にしか見えないけれども。
いつか9月頃のココでキャンプしてみたいものです。

63km 2回目のスペシャルエイド。
預けておいたのは、ほとんど炭酸を抜いたコカコーラ+梨塾シール。
普通のコーラは走ってるときにはゲップが出て飲みにくいので前日炭酸抜いておきました。
スペシャルドリンクは常温で置かれているのでヌルイのだが今は何の問題なく美味しい。
普段だったら絶対不味いものの筆頭ですけどねw
糖分が多く、微炭酸は疲労抜きに良いらしいですよ。まぁ今回のはほとんど炭酸抜けてますけどね〜。
「あ。コーラ少し分けて〜。」
「ど〜ぞ〜。500mlは多いし〜」
炭酸抜きコーラはウルトラマラソンでは結構認知されてるらしく、丁度良く貰い手があった。
エイド前でほとんど一気飲みしたら学生ボランティアがちょっとビックリしてたw
炭酸抜きだって知らなければそりゃナカナカ激しい飲み方だわな。
更に冷水を貰いオキシショットも少し摂取しておく。高濃度酸素も入れ、梨塾シールで気合も補充。
この先のことも考えもう一度胃薬も飲んでおく。スタート前の朝にも飲んだが、エイドで食べられないとガス欠になるし、お腹の中にガスが溜まると腹下す原因にもなるので。事前に小分けしておいたので胃薬飲むのも手間は無い。

エイドを超えると通称『魔女の森』に入る。
画像

今まで広々とした北海道らしい風景が続く中走ってきて急に森の中に入ると異次元に迷い込んだような気がする。
以前はこの森の中にお婆さんが居て飴とかをくれたらしい。今回は居ませんでしたけど。
日差しが遮られると急に涼しく感じる。・・・しっこ。
用を足したせいか寒さを感じアームウォーマーを再装着。
この森はウネウネと曲がり出口が見え無い。トンネルのような圧迫効果もあって心理的に早く抜けたいと思うらしく、実際の距離より長く感じた。
森を抜けてしばらく行くと個人宅の私設エイドがあり、冷水で絞ったタオルで顔を拭く。
森の涼しさで流れるほどの汗は感じていないが、やはりさっぱりするので気分がいい。
ほんの少し先にも同じような私設エイド。ありがたいが先ほど止まったばかりなのでココはパスする。大き目のおむすびが美味しそうだったけど今の状態であの大きさが食べられる自信が無い。流石に食欲も少し落ちてきたか。
橋を渡って左折し68km位の名物白帆エイドへ。
画像

冷たいお絞りで顔を拭く。魔女の森からは少し距離もあったし日差しもきつくなっているので森を抜けてスグよりも、より一層気持ちが良かった。
普段は食堂経営しているのエイドなので冷水がガラスコップで、温かい麦茶が陶器の湯飲みで提供されている。ちょっとスゴイ。
凍らした一口ゼリーとプチトマトが美味しい。「ありがとう。ごちそうさま」
流石にエイド後の足取りが重くなってきた。加速に時間がかかるが既に70km近い。
大丈夫。まだ大丈夫。まだいける。
画像

旅人宿「さろまにあん」の人も屋根の上で大漁旗を振り回し応援してくれている。
「^^ありがとー。」
あの旗って結構重いんだろうな。どれ位前から、そしてこの後も振り続けるんだろうか?
もしかしてあっちのがウルトラなんじゃねぇのか???

わずかの間、国道に戻り少し上り坂から左に折れ道道442・オホーツク自転車道へ
70km関門 8:11:50 [GTmailS] /制限時間 8:45
いよいよ貯金が32分まで減って来ましたが10km先の80km関門制限時間までは、約1時間45分有ります。
80kmまでギリギリでもたどり着けば何とかなるらしいのでココに来て何とか完走が見え始めてきた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
梨塾マラソンズ サロマチャレンジ(〜70km) 秋刀魚は鮫になりたくて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる