秋刀魚は鮫になりたくて

アクセスカウンタ

zoom RSS 梨塾マラソンズ荒川チャレンジ(20080316)

<<   作成日時 : 2008/03/17 09:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

チャレンジ精神≠自惚れ・過信

2月末の直前練習まではウィンドブレーカー着たままで平均4分20秒/kmまでを15km走で走れるようになり、3月に入って暖かくなってきたので本番通りの服装では場合によっては4分10秒まで上げられた。
2km区間までなら3分半/kmも出せたので、本番では本番効果も合わせて平均4分15秒は出せるかもしれないと言う気がしていた。。。



今年の荒川は朝から随分暖かくアームウォーマーも不要で手袋を使用かどうしようか迷ったが、
すぐに気温も上がるだろうと手袋もしない事にしスタートゾーンに並ぶ。
・・・スタートゲートが近い。今回申請タイム2時間59分59秒で一般参加最前列のAブロック。
周りを見るとランニングシャツの人はアームウォーマー+手袋、袖ありシャツの人でも手袋してる人の方が多かった。スタート前の緊張も有るのか少し指先が冷たくなってきたような気がする。。。

いまさら取りに行けないしと思っているうちにスタート時間。
最前列とは言えスタートゲートまでは密集のため歩き。スタートゲートまで53秒。
スタートゲート通過後徐々にJOGペースに上がる。しかし人が思いのほか多い。
Aブロックの人は大体3時間ペースなのでほぼ周りのペースが変わらず、
陸連登記の人のうち一気に落ちてくる人がそこに混じって1km過ぎまではナカナカ走りにくいものの走りはじめの準備運動としては丁度良い。
2km過ぎから走りやすくなり気温も適温で気分良く走る。
今年はトイレ行かないように(タイムロスの無い)レースしたいので気温が高いのはありがたい。
4kmで回りに引っ張られすぎ3分38秒まで上がってしまい慌ててペースを戻す。
序盤と言う事もあり自分の気持ちの盛り上がりもありややペースが速いほうにあわせてしまう。

その後4分/km辺りで15kmまで。
15km手前で仲間の声援を受けるもあまり話が出来ない。このペースは話をする余裕が少ない。ごめんね。
その後、少し意識的に4分10秒程度にしようとすれば一気に追い抜く人が増える。
この辺りのゾーンでは10秒でかなり世界が違うようだ。
ハーフまでは思い通りのレース運びだが18km辺りから若干このペースは維持できるかどうか疑問に思ってきた。その辺りの給水のあるところでは4分18秒/kmで15秒を超え始めた。
この違和感はなんだ!?と思っていたらハーフ有り返しとほぼ同時に理解する。
!!酸素が入ってこない!!
自分的にはLT(Lactate Threshold)と呼ばれる乳酸が溜まりグリコーゲンが活発に消費されるペースで走っていたつもりが、既にその上のAT(Anaerobic Threshold)領域の有酸素運動から無酸素運動に近いゾーンにまで上がってしまっていたのか?
15km過ぎから風は弱い向かい風だったのが折り返し後追い風になり若干空気が取り込みにくい状態になっているせいなのか?
・・・まさかと思うもののやはりペースを落として様子を見る。
しかし既に24kmの時に4分40秒/kmまで落ちる。体が重い…。なんなんだコレは?
26km過ぎからは脚のあちこちが徐々に徐々に攣りはじめ、復路の友人の応援には笑って答える気力さえも失いつつあった。
Smile Running Projectのニコ3マークをナンバーカードに貼っているのに笑えない状態では情けない…。

30km過ぎには脚が痙攣を始めそこから先は進むごとにストレッチの回数と立ち止まり・歩く事も多くなってきた。
金芽米のオムスビも美味しく感じない・・・。もっと塩を下さい・・・。
エイドのたびに梅干を探すも見当たらなかった。
その先有りがたくも私設エイドで塩を振舞っている人がいてやっと塩にありついて痙攣が治まるのを期待し先へ。
35kmシャーベットステーションではカップアイスを全部歩きながら食べきる。
今年は気温が高かったので半分溶けてて食べやすかった。
その後脚に水をかけながら(かけた瞬間は冷却された脚が収縮して攣りが強くなるのだが)脚が復活するのを待ち前へ前へと歩を進める。
既にまともに走り続けられないので6分/kmを超え始めるものの諦めはしない。
1kmあたり3回は止まってストレッチしつつ先へ先へ。
前を見ないといけないのは分かってはいるものの視線が徐々に足元に落ちてしまう。
止まってストレッチする時には既に目に見えてふくらはぎが痙攣してビクビクいるのが分かるもののどうしようもない。その痙攣の動きが既に自分の脚とは思えないような信じられない光景。

「チームベジー頑張れ!」
同じニコ3マークをシンボルマークとするチームベジーの人に応援を受けるもののわずかに手を弱弱しく上げる事しか答えられなかった。
(ゴメンね。更にわしはチームベジーじゃないんだ・・・)
ogamanさんのSmile Running Projectを応援してるけど今回は全然実行できないわ。

39km。既に歩く事もままならなくなり脚が固まったまま歩を引きずり進める。
沿道応援がわしが隣を通る時だけ止んでしまう。あまりに見た目が悲惨すぎて言葉をかける事もためらわれる雰囲気をわしは出してしまっているのか・・・。
ニコ3マーク着けてコレはいけないと思って笑おうとするも引きつった顔では、より一層悲惨だ…。
時折完全に脚が硬化して全く動けなくなる。倒れたら立ち上げれなくなりそうなので立ったまま耐える。
ヤバイ。審判員の前だ。この状態があまり続くと強制リタイヤさせられるかも。
動け!脚動け!あと3kmチョットじゃん。動けよ!
審判員「あと少し行けば給水所だから、水飲めば元気が出るよ。」
!あ。ありがとうございます!
まともに歩けもしないけどまだ見えないその給水所を目指して歩を進める。
一言かけて頂いた事で何とか先に進む脚がわずかながら戻った。
やはりかけて頂く声と言うのはありがたい。それが停められてしまうかと思った場面ではなおさらだ。

40km最終給水
給水所で水を飲み脚に水をかけた途端今まで以上に完全に立っているバランスを取る事も出来無いまでに脚が痙攣硬直してそのまま転倒した。
ヤバイ。ココは給食バナナ前のテーブルでココから逃げないと踏み潰される。
逃げなきゃ。でも足が動かない。イテテテ。ウガガガ。逃げなきゃ。逃げなきゃ。
その後、倒れたまま半分審判員に引きずられるようにしてエイドテーブル裏に。全く脚が言うこと聴かない。
2Lペットボトルの水を貰って脚にドバドバかける。かけた時は収縮力が強まるのでより一層痛いが仕方ない。
つま先が伸びたままなのでつま先掴んで無理やり引っ張ると徐々に痛みが引いてきた。
5分以上倒れてその痛みに耐える際に土手の草もむしり取ってしまったが何とかテーブルを伝って立ち上がりボランティアの方に礼をして歩き出す。

何とか歩けるものの時折片足が痙攣硬直してまた倒れそうになる。
壊れたヤジロベエのようにバランスを取りながらコース脇をふらふら引きずり歩く。

「3時間45切れるぞー。がんばれー!」
ピカチュウの着ぐるみ応援で再び走り出す。
当然スピードなんて出せないけど「歩き」から「走っている」と言える様な状態にはなってきた。
41〜42kmは6分38秒。騙し騙し走っているにしては、まぁまぁか。

何とか諦めずゴール。
Goal: 3:44:23 (GTmailS) グロスタイム

前半ハーフまで1時間29分で
後半のハーフが2時間15分。

画像


完全に前半突っ込みすぎの失敗レースでした。
気温が高かった割には前半の給水をトイレ行かないように若干少なめにしたのも敗因です。
また、事前に携帯塩タブレット用意したのに持ち忘れたのも結果的に失敗でした。

それより何より自分の実力以上のペースでハーフまでで尽きてたと言う過信が問題でしょうね。
ココまでマラソンでは、ずっと上手く行ってたので自惚れていた部分が有ると思います。
マラソンのスタートは35kmから。
今回その前に尽きていたと言うのはあまりにも情けない。
今回の失敗を忘れないように次に生かしましょう。


次は6月のいわて銀河チャレンジマラソン。
ウルトラは楽しむ方向で。ニコ3の心を忘れないで。



マラソン前から禁酒していた10日ぶりのビールが苦いなぁ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!Ogamanさんの所から飛んできました
進行左脇で止まっている人を発見したら、ニコサンマークを付けてたので思わず「ベジー頑張れ!」と声を掛けさせていただきました
その直後に「プロジェクトに賛同している方だったかな・・?」と思いながら走ってました
今回は大変なレースになってしまいましたね。マラソンは難しいですね(しみじみ)
途中で塩を振る舞っていたのは「はやと丸さん」といって、Ogamanさんのお知り合いの方なんですよ

あっ・・本当ははじめまして!ではなかったです。何度かお邪魔しています
私の高校までのニックネームが「サンマ」だったものでブログ名はしっかり頭の中に残っているのでした
長々と失礼いたしました!m(。−_−。)m
トン子
2008/03/18 16:38
こんちは。

んんん、残念。
でも、マラソン大会はまだまだずっと続きます
そのうち3時間切ってやりましょう!

待ってと2時間台!

ってことで、お互い無理しないで
3時間切れるようにトレーニングにいそしみましょう。
ってボキは最近サボりぎみw。
南道
2008/03/18 17:39
大変なレースだったようで、お疲れ様でした。
そりゃあマラソンですもの、いつも笑顔では走れませんよね。
私もそうです。そのように呼びかけているものの、30km以降はそう簡単に笑えるもんじゃありません。
でもそこでも笑えるようなときって、きっとタイムも期待できると思います。
そう信じて走っている私です。

そうですか、はやと丸さんが塩を配っていたのですね。
ピカチュウの着ぐるみは、もしやチーム・べジー!のまっちさんかも。
次のいわては楽しくそして好タイムで走れるよう祈ってます。
Ogaman
2008/03/18 21:24
>トン子さん
はじめまして。サブ3.5おめでとうございます!!
あの時は声をかけていただきありがとうございました。
気持ちが切れそうなところにありがたかったです。
楽しそうな顔と背中のニコ3マークを見て、ああいう走りがしたいと羨ましかったです。とても力強い楽しそうな走りでした。
>南道さん
マラソンは「1歩1歩」進む競技だということを再認識しました。
無意味に焦りすぎでしたね。いい勉強になりました。
トレーニングして再出発です。
>Ogamanさん
今回自分は結果的にニコ3マークのチームベジー!の皆様に支えられていたのですね。
トン子さんの声・はとや丸さんの塩・ピカチュウまっちさんの声援…
皆様ありがとうございました。Ogamanさんの周りにいる人たちはすごいなぁ…。
次回からは自分が誰かに笑顔を伝えられるようなことが少しでも出来るようになりたいと思います。
いわて銀河はサロマよりコースが厳しいので制限時間13時間内完走出来れば一番の好タイムになる思います。
その13時間岩手を楽しむのが目標です。
van
2008/03/19 10:14
お疲れ様でした。やっと日常の体を取り戻しました。
初参加ながら、なんとか完走できたのは、vanさんのアドバイスのお陰です。ありがとう!!
それにしても、まさか足先まで痩せるとは思わなかったので、当日、靴のサイズが変わってしまっていたのは計算外でしたが、次はちゃんと準備しようかと。
つ、次?w
ばっきー
2008/03/20 19:43
>ばっきーさん
5時間切り完走おめでとう〜!
あのブカブカ靴で走りきったと言うのはスゴイです。
真似したくありませんw
事前に痩せ過ぎたばっきーさん見てΣ( ̄Д ̄;)大丈夫か?とか
事前最長走行距離15km未満Σ( ̄Д ̄;)大丈夫か?とか
思いましたが流石です。

えっと。次??
あ。次は100kmのアドバイスをすればいいんですね!!
任せてください!ついてこーい!
van
2008/03/20 23:35
ええ、ええ、ばっきーはどこか異常です・・・ww。

残り少ない人生をエンジョイして欲しいと思います。クックック。

冗談はともかくその状態でそのタイムとは・・・次元の違いって奴を感じますなぁ・・・。

とにかくお疲れ様でした。本番(?)のウルトラがんがってや〜〜v
koskie
2008/03/24 15:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
梨塾マラソンズ荒川チャレンジ(20080316) 秋刀魚は鮫になりたくて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる