秋刀魚は鮫になりたくて

アクセスカウンタ

zoom RSS チャレンジ富士五湖112km(20090426) その@

<<   作成日時 : 2009/04/29 11:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

100km+12km=112km そんな甘いもんじゃねぇっすね・・・。

数字上ではそうだけども、100kmをなんとかクリアできる程度の走力ではあとの12kmの重みが違うのよ。

週間天気予報が出た当時は大会当日は雨の予報でしたが当日が近づくにつれ徐々に予報が好転し
前日大雨で気温低く、当日晴れてやや低めのウルトラとしての適温に変わり、念願の富士山見ながら走れる天気になりました。
前日宿で着替えエイドでの荷物振り分けやナンバーカードの取り付け。
画像

大会要項にも「ゴミのポイ捨ては禁止です」とありますけども、
いろいろな大会での紙コップやバナナの皮のポイ捨てがマナー上問題になってきています。
今回は大会要項にもありましたが、ゴミはゴミ箱に入れてきれいな道を走ろうというOgamanさんの活動に
ちょっと乗っかってみた感じです。背中側に付けてみました。ユポ紙でしっかり裏表で張り付けてあるので
雨でも風でも簡単にははがれません。(抵抗が増えてナンバーカードごと横風で飛ぶ可能性はありますが・・・。)

画像

112kmの部は朝4時半スタート。
100kmの部は朝5時スタート。
72kmの部は朝8時スタートで、
各ルートは変わりますがゴールの制限時間はすべて同じ19時です。
特に112kmと100kmは12km違うのに制限時間が30分しか伸びないというなかなか厳しい設定なのです。

まだ暗いスタート前に撮影させて頂いたお侍さん。
画像

スタート時は何とか夜が明ける時間で競技場から出てすぐ正面に富士山が!
画像

写真では結構暗めですけどももう少しはっきり見えてはいました。
(やっぱ、μ770は暗い所がうまく写らん)
スタートの富士北麓公園は若干高台にあるのでスタート後しばらくは下り坂です。
なぜかみんなフルマラソンかと思うようなすごい速さで行きますが、一応自分はセーブしてキロ6分〜6分半ほどに抑えていきます。
第一エイドあたりまでアート鈴木さんと話しながらリラックスして走っていきます。
画像

第一エイドあたりで全様が見えた富士山はやっぱり凄い迫力があります。
昨日の天気だったら見えなかったんで今日の天気は本当にラッキー
第一エイドの先を曲がる前からアート鈴木さんが歩いています・・・?
・・・と思ったら曲がった先の信号が赤信号での時間調整でした。流石です。
この大会は道を渡ることも多くその信号待ちで引っかかる時間ロスもちょくちょく出るので、
その時間はストレッチなどして有効に使いましょう。イライラして無駄な体力気力消耗しちゃいけません。

忍野に向かう道には奇麗な花の咲くところもあり、
画像

昨日の豪雨でかなり桜は散っていますがそれでも各所に咲く花などを楽しみながら行きます。
忍野からファナック通りを抜けコース上では第一の湖となる山中湖に。
まだ13kmも言ってませんけども既に2度目のトイレです。。。
朝の気温は例年よりは暖かかったようですがそれでも6〜7度といったところ。
昨日の雨で湿度も高く乾燥してはいないので厳しい寒さではないけどもトイレ近いっすね。
この大会ではエイドには仮設トイレがあり、その他は常設の観光用公衆トイレが使えるのでタイミングが合えば公衆トイレのほうが、1か所あたりのトイレの基数も多くちゃんと手も洗えるのでそっちのほうがいいかも。

山中湖西岸走行中(15km地点くらい?)に100kmの部のトップ選手に追い抜かれる。
なかなかトップ選手に追い抜かれるというのは普段の走行ではないので結構それも楽しい。
30分後に出発してすでにここということはフルをサブスリーペースで100km走るんですね〜。すごいですね〜。

山中湖の東側の自転車道は整備されており車も入ってこないので走りやすいもの前日の雨の影響で大きな水たまりが至る所にありちょっと走路が限定される。
ここが走りにくいことを事前にアート鈴木さんに事前に教わっていたので問題ありません。
また水たまりで靴濡れても被害が抑えられる対策として靴下はアート鈴木さんお勧めのシルクソックスにしてます。
結果的には濡れなかったけども精神的な安心感があるというのがイイ。

山中湖を`6分ペースで1周回り、再びファナック通り〜忍野方面に戻る。
ファナック通りでは、
画像

走路の歩道が大きなグレーチング(側溝網)の上となりちょっと走りにくいけども、なんとなく健康サンダル的な感じが面白くてそのまま走ってみた。
ほとんどの人が嫌がって脇の車道に降りてますけどね(笑)
網の下が透けて見えるので高所恐怖症の人にはキツイのかも?

27km地点の脱ぎ捨てエイドでは必要のない上着などを脱いでゴールまで運んでもらえるサービスがありますが
わしが持っていた上着はモンベルのウルトラライトジャケットなのでウェストポーチに収納して後半の寒さの為に持って行きます。
ここのエイドでトイレすでに3回目・・・。今回は大。
トイレから出たら突風エイドのテントが浮き上がった!
そのままテント持ってかれるかと思ったけども一瞬で収まったので無事でした。
この日は天気はいいものの風が強くこういう場面が何度か現れた。
エイドの皆さんも大変ですけどもがんばって下さい。

忍野を抜け国道に出る信号に捕まる。ここの信号は長く、
信号脇の小さな林のスペースに給水エイドがあり給水などしながら信号待ちできるようにエイドを出していてくれて助かります。普通エイド出す場所としてはかなり無理があるところだと思われるけども信号待ちのことを考えてここにエイドを設定するというのはほんとに頭が下がる。
そしてエイド周辺にこの先も含めてかなりゴミのポイ捨てがかなり少なかったですね。
まったく無いわけじゃないけども、みんなちゃんと大会要項や前日説明の通りゴミをそこいらに捨てないようにしていて道の汚れが少なく気持ちイイ。
この感じが各地のマラソン大会でも広がっていくといいね

河口湖に向かう国道の途中でお侍さんに追いつきました。
画像

この辺の道は歩道が車乗り入れ用にあちこち段差になっており走りにくい。
お侍さんも衣装が重いのか段差でよろけてたり。
(^_^;)やっぱお侍さんは馬に乗ったほうがいいんじゃないでしょうかね(笑)

富士急ハイランド前エイド到着で38kmくらい。
画像

名物のオムスビエイドです。名物なのはオムスビではなくオムスビを配ってるお兄さんなのです。
「のり子のオムスビだよ〜。懐かしい味がするよ〜。」
「味噌汁入れたて、かき混ぜたてだよ〜。熱かったらフゥフゥするよ〜。」
軽快な語り口調で盛り上げてくれています(笑)
元気を分けてもらって先に行きます。エイドで気力も補給できていいですね。

河口湖手前の下り坂で隣を走る人と話したらサロマを15回も完走されているサロマンブルーメンバーの方でした。
いろいろ話をさせて頂いている間に72kmの部のトップ選手に抜かれる。
完全にフルマラソンと変わらないような力強い走りとフォーム・脚が美しい。

河口湖大橋を渡ってる途中でオールスポーツの写真撮影ポイント。
富士山の頭は残念ながら雲に隠れてしまったけども富士山バックの走る写真はなかなか撮れないので出来上がりが楽しみだ。
大橋上から見る河口湖も美しく観光気分が高まる。車やバイクじゃ橋の上からの景色はゆっくり楽しめないからね。
河口湖大橋を超えて42.195km通過が4時間半ちょっと前。
予定通りというかトイレ多かった割には少し速いかな?割合下り基調だったんで予定通りとしておきましょう。

さてここからがウルトラの始まりです。
まだ体は今のところ問題なく、走ってる分には気温もちょうどよく、景色も最高で楽しい一日になりそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チャレンジ富士五湖112km(20090426) その@ 秋刀魚は鮫になりたくて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる