秋刀魚は鮫になりたくて

アクセスカウンタ

zoom RSS チャレンジ富士五湖112km(20090426) そのA

<<   作成日時 : 2009/05/04 03:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前半の山場・・・山・・・だね。

河口湖大橋わたってから少し湖岸からは離れた道となるも、観光地やホテル前などでチラホラ声援をしてもらえて嬉しい。声援に応えながらホクホク走っていると・・・
画像

着替えエイド西浜小学校手前の一番高低差のあるところに入ってきました。
最初はそれほどの角度ではないものの徐々に徐々に角度を増して、走っても疲労が溜まるだけなので歩いて登ります。ほとんどの人が歩いていて体力温存モードのようです。

西浜小学校の着替えエイドでは一応Tシャツの着替えは荷物に入れておいたのですがナンバーカードの付け替えがめんどくさかった(前日受付でナンバーカードは2組分事前配布されましたが2度目の着替えエイド本栖湖のほうに予備ナンバーは送ってしまいましたのでここで着替える場合には付け替えが必要になる)ので着替えは省略。
しかし前日受付でボールダースポーツを股ズレ対策に着替えエイドごとに塗りなおすと効果的と教わったので、お股に・お尻にボールダースポーツを塗り塗り。
あとは荷物に入れておいた自前スペシャルフードとして草餅の大福をパクリ。
減った塩飴とアミノバイタルプロを補充して10分ほど滞在で着替えエイドを出発。
画像

富士五湖では距離表示看板の下にニューバランスの一言メッセージがあって的確にボケててそれも楽しい。
エイド直後に今までよりきつい上り坂をえっちらおっちら登って行きますが、直前に休んでた分より厳しい感じがします。
エイド付近には観戦応援の声も多いので本来はカッコつけて走って行きたいところですけども・・・キツくて走れません
墓場前などをゾンビのように歩く集団は、ある意味その場の雰囲気に合ってるのかも??

きついのぼりが一段落したと思ったら今度はキツイ向かい風が襲ってきた。
さらに道が断続的にトンネルの中になるとその風が圧縮されてより一層厳しい。
上り坂+トンネル+冷たい向かい風=何の風洞実験ですか!?
トンネルを抜けると日差しがあるだけでやたら暖かく感じる。
画像

西湖の湖面もやたらと波立ち、何度となく帽子も吹き飛ばされる。
一応帽子飛んで行っちゃわないようにシャツとクリップでつなげてあるので無くなることはないけども、風上に向けて首かしげて走るのも帽子を手で抑えながら走るもの正直シンドイ。
しかし湖北ビューラインは景色良く遠くまでズドーンと見えるものの遠くまでランナーが連らなってるのも見えてソレはソレで精神的にしんどいかも。

うどんエイド手前でバイクで応援に来てくれた”カニーズ”に追いつかれる。
先に行ってもらい、うどんエイドで少し談笑。
うどんはちょうど待ち時間もなく、道路の縁石に腰かけてゆっくり頂きました。
おつゆの塩分が美味しい。そこへまたエイドのテントが持ち上がるほどの突風で・・・うどんの(発泡スチロールの)お椀が飛ばされてしまいました。。。応援に来てくれたカニ夫さんに拾っていただいて、あいすいません。
「お代わりどうぞー!」と、エイドの方から声をかけて頂いたけども西浜小学校で食べた大福がまだ自己主張中なのでぼちぼち出発。実際さっきの着替えエイドからは6〜7kmしか走ってませんしね。

西湖の終り頃今度は”いけぴーず”が応援に来てくれていた。
画像

・・・などとおちゃらけたりいてみたりしつつ再び談笑。完走目的のウルトラは楽しみながら行かなくちゃいけません。
つーか、楽しまないと持ちませんってばよw

西湖から大きい道へ出る道が横断歩道もなく来る車の隙をついての横断。
まだ走れる足があるからいいけど、すでにしんどくなってる人にはこういうトコ渡るの厳しくないかん?
一応係員は居るけども交通整備員ではないので車がちゃんと止まってくれるかは疑問だし。

画像

青木が原樹海大橋をずっと下っていく道はゆるい下りで視界も開けて走りやすいもののこの長い坂道を帰りはずっと上り続けるかと思うとちょっと気が滅入る。
国道から外れ精進湖入り口エイドでサイダーをもらう。
糖分の多い炭酸飲料が美味しい。ウルトラのスペシャルドリンクにコーラが人気なのもよくわかる。
ここいら辺りで暑さも感じてきたのでタイツに水をかけながら行くことが多くなってきた。
しかし暑さは感じるし、実際背中を汗が流れるのは感じているものの吹き付ける風自体は冷たいので手袋はずっと外せず、アームウォーマーは外したもののいつでも着け直せるように手首側に寄せた形のままとしておいた。
流石に1000m近い高地なので日差しや風による気温差が平地よりも大きく体温調節が難しい。

精進湖は富士五湖の中で一番小さな湖の割には湖岸線が複雑に入り組んでおり湖岸線としてはなかなか長い。
他の湖に比べ溶岩石のごつごつ感が見えて特徴的。
湖にはヘラブナ釣り(?)の小舟が一列に並んで長閑な雰囲気でした。

精進湖出口エイドで
画像

バナナがエライ事になってました(笑)
バナナ一本一本に色々な事が書いてあって楽しませてくれてます。
「Honda派」「ペプシ?」「中国産?」「イチゴ味」・・・
いろいろ突っ込みどころ満載の小ボケがいい味出してます。
とりあえず「ベホマ!!」ってのを頂きました。
多分体力が相当回復するはずです。

画像

・・・NBさん。ここ若干下り坂なんですけど、そこも突っ込むべきところですか?
65kmも走ってきてそろそろ突っ込みが上手くなってきそうです。

本栖湖入口エイドが68kmなんでもう少しで本栖湖ですね。
ちょっと遠くに太鼓の音が聞こえます。たぶんそこが本栖湖エイドなんだろうと思いながら下っていくと・・・。
画像

太鼓の音のする方とは逆に誘導されてコースは国道下を通る地下道に。
マラソン途中に階段通る所なんてなかなか無いですよ!
一段一段を太ももにあまり衝撃与えないように静かに走り抜けていく。
やはり下りではすでに足が疲労し始めているようで抑えてても若干太ももの張りが気になる。

本栖湖エイドはすべてのコースの折り返し地点に当たるため色々な応援がもらえて楽しい。
画像

元気なお姉さんの声援や、サンダースティック・鳴り物などでなかなか賑やかい。
本栖湖エイド12時15分ごろ到着。(7時間45分経過)
最初の予定では12時到着予定でしたが15分遅れ程度なのでまずます予定の範囲内です。
ココでは楽しみにしていた
画像

文明堂のカステラです!!
一切れも結構大きく、とても美味しかったです。ごちそうさまでした
そういえば一流選手でも本番前にカステラ食べる人は結構多いようでカステラとランナーは相性いいようですね。

ここで後半戦用にシャツを着替えて気分一新。
股に再びボールダースポーツ塗りこんで、自前スペシャルドリンク「コーヒー(無糖)」一気に飲んで出発。
エイドで甘い物・ショッパイ物が続くだろうと思って気分転換にコーヒー入れてみました。

充分休憩し、本栖湖周回路に出発です。(続く)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チャレンジ富士五湖112km(20090426) そのA 秋刀魚は鮫になりたくて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる