秋刀魚は鮫になりたくて

アクセスカウンタ

zoom RSS さくら道ウルトラ遠足(20110430-0502) 福光まで

<<   作成日時 : 2011/05/10 21:59   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

トンネル長いね。

画像

実際にはもう少し明るかったと思いますけども、部分的にヘッドライト無いと見えにくいトコロもあったり。
トンネル内は何となく距離が進まない感じがしてしまいます。

この辺りは岐阜と富山の県境地区でチョコチョコ橋渡るたびに岐阜だったり富山だったり。
まぁ走ってる分には同じ道上でそんな行政区分の話はどうでも良い感じに思えるんですけどね。
というか、そういう事にどうのこうの考えるような思考能力が低下して
途中にあったはずの展望台も気がつかなかったんですけどね。

道の駅ささら館でトイレ借りて、無糖紅茶買って一服。アミノバイタルとかカーボショッツとかも取っておきます。
画像

橋の入り口に4種類の民謡が流れるボタンが有ったんで当然押して行きます
あれ?流れないなと思っていると3テンポ位遅れて結構大きな音で民謡が流れ始めました
しかも結構長いw
最後まで聞いてられないので途中ですが先に急ぎますゴメンネー

ココから五箇山の山登り入り口まで10kmはまだそれほど登りは出るとは思ってなかったんで、
ここからの3〜4kmの登りが結構きつかったですね。
五箇山ICの交差点近くの金網につかまってストレッチ。
ただしゃがむだけでも15秒以上かけないとしゃがみ込めないようになってきてます。
ストレッチする事で気分は良くなるものの太ももの張りの中の痛みが徐々に出てきている事に気がつきます。

画像

こちらも世界遺産の菅沼合掌作り集落ですが白川の知名度が高すぎてこっちは目立ってはいないですね。
そのぶんゆっくり回れていいのかもしれません。
ココで観光に来ている方から「・・・名古屋から・・・走ってきたんですか?私たちも名古屋からなんですよ
あ。じゃぁ、一緒ですね。どうですか、これから金沢まで行きませんか?走ってw」
などと短い会話したりしつつ。こういうなにげ無い会話がウルトラでは楽しかったりするんですよね。

そこから道は下ったり登ったりしながらもう一つの民謡歩道を渡ると前の人がボタン押したようで丁度民謡のさび部分が高らかに流れていたりw

長いトンネルに入ると、
道の逆を歩いてる観光の人としばらく並走・・・並走?・・・歩いてる人と並走???
もう既に走っているようでも歩いているほどのスピードしか出ていないようです。
でも悔しいので少しだけスピードアップ。ホントに少ししか出ねぇよまぁやむなし。

ちょっとお腹空いたなと思って郡上八幡で買った
画像

明宝ハムを食べようかと思い取りだしましたが飲み水が足ら無そうだったんで後で。
と思ったんですが下梨の五箇山に着いてしまったんで結局しまいこんでしまいました。
ココから国道156号から304号にスイッチして山登りです。

204km地点に17時40分ごろ(34時間40分)
その手前の交差点近くにボランティアエイドが有り、
ここで既に白川までで70人以上がリタイヤしたと聞きました。
で、リタイヤ者が多い分用意した食事が余ってるという事だったんで、
お茶碗軽く1杯分位のカレーライスをお代わりして2杯頂きました劇ウマでした。
ビニールシート下で食事中にやや強い雨が降りましたが食事後は治まって小降りに。
ココで一緒になったキティちゃんとトコトコ山道を話ししながら登って行きました。
途中でまた雨が降ってきたので自分はモンベルウルトラライトのカッパ着たままでしたが、
キティちゃんは今からカッパ着るからという事で自分は先に。
画像

雨の中えっちらおっちら歩いて根雪からドライアイス状態で襲い来る冷気を恨めしく横目で見ながらよっこいよっこい登って行きます。

トンネル手前の大体峠に着いたのが19時位。1時間弱は歩きましたね。
ココから800m位の短いトンネル、3000mの長いトンネルを抜けます。
交通量は多くないのでトンネル内の空気も悪くは無いです。
ただ、ちゃんとした歩道ではなく管理用の簡易歩道なので車道の一段高い位置で、車用の回転風車付き反射板がそこに立ち並んでいます。





で、ですね




その時全く自覚は無かったんですよ。




その直前までは普通に走っていたんですよ。




でも気がついたら、




気がついたら、





目の前に地面が有りました





全くそれまで眠気も感じていなかったんですよ。

それなのに気がついたら歩道から足を踏み外して、

左の眉毛辺りを中心にぶつけるように倒れ落ちました

その時すぐに何が起きたか分からずにしばらく数秒倒れてました

(うぃぃぃぃぃぃん)





自分が急に倒れた事にびっくりしたたまたま通りかかった対向車の方がトンネル内でバックして戻ってきてしまいました

ちょ危ない

かなり心配して頂きましたが、トンネル内で止まるのもバックで戻ってくるのも危険なので、

「だ、大丈夫です。すみませんありがとうございました。ホント大丈夫ですから」と

車の方が行ったの確認してから自分の状況を再確認。

左の眉と目尻の辺りがズキズキするけど触っても痛いだけで流血までは行ってないようで何とかなるだろう。

左手の甲も出っ張ったところを擦ったようで汚れてリンパ液は浮き出てるけど血が出てるとまではいってないようなので舐めて汚れだけ落として対応。

眼鏡は思いっきり曲がったけども、折れてもいいやとエイヤッと曲げ直したら使える程度には治ったのでOKとした。

レンズが割れなかっただけでも良かった

わき腹も少しぶつけたようだけど、これは大したことなさそうなので放置。

平坦なトンネル路ですが、しばらく様子見で歩いてちゃんと歩けるか確認。

問題は・・・無さそうだ。

歩いてたらキティちゃんに追いつかれたので道を譲って先に行ったもらう。
その後ゆっくりゆっくり走り始めて3kmの長いトンネルを抜ける。
トンネル出たところに移動私設ミニエイドさんがいらしたので、少し水を分けて頂き手と顔を洗う。
応援の移動エイドの方から水とタオルまで貸して頂いてチョコまで頂いてしまました
画像

鏡が無いのでデジカメで自分撮りして傷を確認。
痛みで感じるよりも思ったよりも傷が小さく浅いのを見て安心。

多分帽子かぶった上に、ゴムバンドで着けるヘッドライト着けてた辺りから落ちているので、
帽子+ゴムバンドがショックと地面との擦れを緩和してこの程度で済んでいたんだと思います。
痛いは痛いけどもこれで今後の眠気が飛べば良いかと前向きにとらえて出発。

ここで応援エイドの方と話をしている間に雲が取れ始め星が見え始めました

ココからは結構なく度の下り。
なるべく関節や太ももに負担掛けないように降りて行きますが長い下りに徐々にやられ始めます。
途中で下の町の明かりが綺麗に見えるところも有ったけど自分のデジカメでは写らないので、
チョビッと見ただけで通過。
画像

やっと看板に金沢の文字が出てきました。
既に20時を越えて真っ暗なので看板位しかこの先撮ってませんw
と言うか、撮れたはずなのに撮る余裕が無かったのかも。
5km位かな?の長い下り坂を越えて煌々と灯る自販機の明かりに吸い寄せられるように休憩。
城端の町まで、あと3km位か。。。
ココからも緩い下りですがかなり疲労が足に溜まって五箇山入る前よりも一層足が進まなくなってきました。
とりあえず徐々に見えてくる城端の町を目指すと途中に民家?のボランティアエイドが有り呼びこまれました。
ココで御馳走になったお蕎麦がホントに美味しかったです
温かいお茶も頂いて出発。

220km地点の城端の駅の公衆トイレを借りた後、一応走れては居るんですが全然進んでない感覚になって
道なりに進む、ほぼ直線路の道で何度も道を間違えたんじゃないかと地図を確認。
特に福光の高速道路IC過ぎた後は線路沿いの道を行けばいいのに、
線路が脇に有るのにもかかわらず完全に道間違えたと思いこみチョット戻ってみたりもしました。
地図の警察署と郵便局を確認してやっと合ってると分かりましたが、
全く迷いそうもないところで方向感覚が無くなってるのはやっぱり感じられてない脳の疲れなんでしょうかね。

福光の駅前を液と逆方向に行けばいいと思っていたら福光の坂上松華堂(和菓子屋さん)のボランティアエイドに呼びこまれました。
225.9km地点に22時半ごろ(39時間30分位)
ココでお粥さんと佃煮でを頂いて、持っていくおまんじゅうも頂きました。
先ほどから足の裏が痛いので靴を脱いで状態を見てみようと靴下も脱いだら
1日中降っていた雨で足の裏がふやけ切って真っ白に膨潤していましたウヒー
膨潤した分足の裏の厚い皮が靴の中に収まりきらず押されて折りたたまれたような状態になっており、
既にその形でずいぶん走っているので折り重なった状態で固定されていて痛みが出ているようです。
しかしその分なのかどうなのか、肉刺(まめ)になるような状態にはなってはいないのですが、
折れまがったふやけた厚い皮が肉に刺さるような痛みは有ります。

一応もう靴下も汚れがひどかったので足にディクトン塗って替えの靴下に交換してからスタート。
ココで自分はなぜか今まで今回の大会は266kmだと思っていたので、
残り時間からのこり40kmは無理っぽいと思っていたのですが、
ココのエイドで今回は258kmだよと教えられ、
のこり32kmであるとやっと気がつきました。
(266kmは昔の名金線の総延長の事のようで、今は道も整備されたりして258kmのようです。)

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜ん・・・
すでに限界を超えてるみたいですねぇ・・・。
いけぴ
2011/05/12 18:03
すでに、じゃなく、とっくに、か。
いけぴ
2011/05/12 18:04
限界を越えたその先に行かないと。
でも限界のコッチ側でウロチョロしてるだけだったかも。
van
2011/05/13 09:23
行ったね、エッジの向こう側へ。
塾長
2011/05/13 10:41
いや、ホントに急に倒れたんでビックリしました。
まぁ一番びっくりしたのは通りかかった車の人でしょうけど…。

>塾長
道のエッジで切らなくて良かったです。
少しエッジの向こうは見た…のかな?
van
2011/05/14 02:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
さくら道ウルトラ遠足(20110430-0502) 福光まで 秋刀魚は鮫になりたくて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる