秋刀魚は鮫になりたくて

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012チャレンジ富士五湖112km(20120422) 前半編

<<   作成日時 : 2012/05/22 11:14   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

最初は様子を見ながら・・・

朝4時半スタートの時間は割と暗く
前回参加の3年前はもう1週間遅かったのでスタート後すぐに明るくなり始めたのですが
今回はもうしばらくは走路も暗いまま。

それ以上に不安があるのが右ひざ。
これまでの練習走行ではそれほど痛めたと言う感覚は無かったのですが
大会前日の朝からなんだか階段や下り坂を歩いただけで膝関節の内側に痛みが・・・。
1晩寝れば治るかと思ったがそれほど変わらず、
スタート直前のファイテンさんのサービスブースで右ひざのみテーピングして頂きました。
しかし最初のサロマの時に有った痛みに比べればたいした痛みでも無いし
しばらく走って体温まれば気にならなくなるのではないかとお気楽な期待しつつ
踏み出す角度を間違えると痛みが表面化しそうなので確認するような足取りでスタートしました。

競技場を出て登り坂から左折して下る前に車が走路上に・・・
大会車両が溝に脱輪してつんのめってましたあひー
今朝はホント見通しが効かないほどの濃霧でしたからね。
そんな中の慣れない道で急いで準備とかしていたんでしょうけど・・ねぇ・・



下り坂を下って有料道の下くぐる頃にやっと明るさが感じられるようになってきました。
その先の整備された公園前で最初の給水。
必要とは身体は感じてないけど一応一口だけ口を湿らせる程度に頂いときました。
曲がっての信号は丁度着いたころに青に変わって進めましたが、
先に信号待ちしていた選手の塊もあって狭い歩道はぎっしりとなっていました。

以前の記憶より早い段階で国道から忍野方面に曲がったような気がしましたが、
途中からの景色は前回と同じだったので記憶違いだったのかな?
さくら道でお会いしたキティちゃんに追いついたのでしばらく話ししたり
後方を見ている人がいっぱいいたので何かと思ったら



曇り空バックに富士山が山頂までくっきりと雄姿を現していましたキレィ
最初から曇り空だったし夕方に向かって天気崩れる予報でしたし
富士山は見れないなと思っていたのでこんなにはっきり見えたのは嬉しかったですね。
でも曇り空に隠れることなく見える富士山ってなんか不思議な感じがしましたね。

その先の公衆トイレ借りて小用。
待ってる人はそこそこいたけど仮設トイレよりは気分いいし、
8kmほど走って来て体温まった分丁度出やすいタイミングかと。
トイレ出た所も富士山よく見えて綺麗でしたな
ついでに塩熱サプリもポイっと摂って先に。


10km通過 59分25秒

トイレ込みならまぁまぁでしょうか。
膝もたまに奥の方で痛みがある事も有るけど徐々にそれも薄らいできたような気がします。
忍野から黄色い工場の続くファナック通りを抜けて最初の湖山中湖に。
山中湖に着くと応援の方がいっぱいでテンションあがる
ついうっかり給水エイドを逃してしまいましたw
山中湖の西端は国道138沿いなのでやや走路が歩道も無い所は怖いけど
朝6時前なのでそれほど車もなく避けて頂けてる状態なのでまずまず走りやすい。

朝の気温が低下する時間だからか再び公衆トイレで小用。
小トイレの前が開放的な窓で山中湖一望しながら済ませて気持ちの良いトイレでした
出口で手袋うっかり落としてしまいましたが、直後の人に拾って頂きありがとうございます。
山中湖南の方の国道上の温度表示が2度を示していましたが、体感的にはそこまで寒くは無かったですね。
曇っててある程度の湿度が有る分乾燥してなく寒く感じにくいのかな?

18.6kmのエイドでバナナ2切れとお吸い物で一息お吸い物ウマー
インスタントのお吸い物が出るエイドも珍しいですがこれはなかなかイイですね。
この頃には100kmの部の先頭もドンドン追いついてきて走路もにぎやかになってきました。

その先は前回はもっと湖寄りの交流館きらら奥の道でしたが、今回は国道を直進。
すこし先の方を左折して湖沿いに。この区間湖沿いの道が荒れていたようで回避したようですね。


20km通過 1時間56分45秒

ママの森に近づくと同じチームシャツの背中が。走る社長上野さんでした。
しばらく話ししながらママの森奥のエイドまで。
上野さんは先に行かれましたが自分はチョットちょっとお腹が渋いので
仮設トイレで2人待ちでしたが並んで。
並んでる所に給水ボランティアスタッフさんからお水を渡して頂けましたありがとうございます。
少し待ち時間長めでしたがこの間に胃腸薬と塩熱サプリも摂れましたし非常にありがたかったです。
トイレでは思ったより出ませんでしたが、一応なんだかお腹も安定したようなので下り坂をゆっくり行きます。

山中湖北岸では富士山の綺麗に見えるポイントなのですが、
山中湖に入ったころまで見えていた富士山はすでに雲の奥で見えませんでした。
湖岸の遊歩道サイクリング道では応援も多く、
小さい子の応援はテンションが高くてこっちもハイになっていいねb

山中湖を1周終わって再び忍野方面に。
ファナック前の歩道にある網々グレーチングがやっぱりなんか不安だけどもw
グレーチングの底の方にやや雪解け残りのようなものも有りましたね。
27.6kmの給水エイド前に大きな白い犬(ピレニーズ?)が可愛かったので少し触らせてもらって気持ちイイ
給水とバナナ・パンも忘れずに頂いて先に。
ココは脱ぎ捨てエイドですが、預けるものも無いのでそれは利用せず。
忍野抜けたコンビニ辺りで30km。


30km通過 2時間59分6秒

思ったよりもペースが上がって無い。
自分の感覚的にはもう5〜8分くらいは速い感覚だったけども・・・。
まぁ様子見ながら先に。

国道138号に再び戻ってココから河口湖までは国道沿いの市街地コースなので
今までの雰囲気とはまるっと切り替わってそれはそれで気分も変わっていいかも。
途中、牛丼屋さんの中にランニングスタイルの人が入って食べてましたけど、
あれは今回の参加選手だったのかしら?エライ余裕ある人だな。

浅間神社前では歩道も細くて人ひとりがやっと通れる程度しかなく
追いついた人が仕方なく路肩に控えめに出たところで

   ビーーー

物凄いクラクション鳴らして軽自動車が幅寄せして通って行きました。
まぁ全員がマラソン大会に理解を示してくれてるとは思いませんけど、
そのやり方は人としてどうかなと思うような車でしたね。
その直後の3ナンバーでもちゃんと通れるんだし、軽なら余裕で通れるんですけどね┐(´д`)┌ ヤレヤレ

富士急ハイランド手前のエイドでは今年も「のり子のおむすび」で笑いもチャージw
ゆずみそ風味でおいしかったですね。


40km通過 3時間59分57秒

かろうじて1時間10`ペースですが今日はそれ以上上がりません。
膝の不安もどうやら消えたようですが、もうすでに腿が張ってきてます。
あまりにも早い太腿の劣化に若干ビビりつつ、ウルトラは復活するの言葉を信じて行きます。

国道から河口湖大橋方面に行く交差点ではやや信号待ちが長かったですが
ストレッチなどして待機。その間に溜まっていた選手が結構な数になりました。

河口湖大橋では富士山バックの大会写真撮影も有ったはずですが
この時は曇りで富士山も出てないせいなのか撮影も有りませんでした。
大橋越えてのエイドで給水とチョコやグミなど頂いてまた少しストレッチ。
出口に私設エイドも有りましたがそれはパスしました。

その先の道が3年前とは少し変わって綺麗に整備されてましたね。
猿まわし劇場などの前の賑やかな通りを行くと

「がんばってねぇ〜」「言われなくても頑張ってるよねぇ〜」
などと長閑な応援も受けたりしつつありがとねん♪っと先に。
登り坂途中のホテルの仲居さんが桜色の和服で応援していただけたりしててありがたい

先のトンネルは回避するように旧道?の脇道へ。桜も咲いてて雰囲気も良くこっちのがトンネルよりいいね!
なぜかその先の給水所は道渡って向こうで、給水後また道渡ってコースに戻ると言う形でしたが
スペース上しかたなかったのかな?トイレも借りてスッキリして先に。
その後もトンネルを通らずちょっと高級っぽい住宅街の綺麗な湖岸沿いの道を行きます。
この辺も桜咲いてて綺麗でしたな


50km通過 5時間01分29秒

西浜小に登る前の交差点の形が前とはずいぶん変わってて、
あれココだっけか?って感じでしたが曲がって上り坂みたら
「あ〜!ココだw」って厳しい登り坂が見えました。
でも前回と違うのは多少きついけどそこそこ走って登れたと言う事
走れた分前回より坂道も短く感じてあっという間の西浜小学校エイド。

水・スポーツドリンク・バナナ・チョコなど頂いて自前の塩熱サプリ摂って
預けた荷物からジェルやサプリを開いてるスペースでウェストポーチに入れ替えてたら
大会のトラックが入って来て「どいてー!」って
もう!せっかく広く開いてると思ったのにw

エイド出てからの上り坂もえっちらおっちら走って登れました。
西湖湖岸の道では暑いと感じるところと風が吹いて涼しすぎると感じるところとあって
タイツにねじ込んだ手袋を着けたり外してタイツにねじ込んだりしながら体温調節。
曇っている分暑すぎるってほどでは無いけどもね。
ココから見る富士山は綺麗なんだけども曇っててさっぱり見えなかったのが残念でした

西湖抜けて野鳥の森うどんエイド
混雑も無くさっくり頂けました。つるっとした食べやすさと、おつゆの美味しさが良いですなウマウマ
アミノバイタルも摂ってストレッチして出発。

ほどなくして100kmの選手が折り返しの復路に頑張って―!
向こうはもう20kmも先を走ってるのか、当然だけどすごい話ですわねぇ〜。


60km通過 6時間12分45秒

国道139号に戻る道を一気に道向こうまで渡る道が毎回怖いけどオリャーっと渡って精進湖に向かいます。
向かいから折り返してきたチームのトップランナー O島さんとエール交換してテンションあがる
今回O島さんは100kmワースト記録で8時間半ほどだったそうです。もうわけわかんねぇ世界w

精進湖入り口給水所でコーラ頂いてチョット一休み。
結構モモがパンパンですよっと。充分ストレッチしてから進みます。
あーしかしこの辺りは観光地なので普通の観光の車とかはまだ良いけど
旧車会とかがうっさいわ!
自分の調子が思ったよりかは良くないので何となく八つ当たり気味で外の音にイライラ

小さいくせに延々と長い精進湖を我慢して抜けて出口エイドでバナナ。
前回はにぎやかなバナナでしたが今回は普通でしたw


本栖湖に向かう道の途中で

ドゴン!



イッターイ!

路面の隙間から出てた太さ2cmほどの細い切株状のものに右足の親指を思いっっっきりぶつけました

余りの痛さにしばらくガードレールにつかまって「おおおおおぅ」って耐えてましたが、
それ以上にふとももの痛みのが強いので走れば親指の痛みも気にならないだろうと先に進むと、



ドゴン!



イッターイ!

少し進んだ所なのに、また同じ右足親指を同じような切株でぶつけました。
おおおおおぅ
学習能力なさすぎだろわし・・・。

しかしまぁ走るにはあまり関係ない程度の痛みで、それ以上に太ももの痛みのがきついので
ぶつけた所の痛みは割合すぐに忘れられました。

ふたたび走り始めると走路の狭い中に往復の選手がいっぱいいてなかなか通りにくい。
歩道の半分も落ち葉や砂も浮いててまともな舗装路は歩道の半分ほどになっていて
復路優先にするとこっちはなかなか進めない場所も有りましたね。
また細い枝も歩道上に張り出していてちょっと眼に危ない所も有りましたな。

本栖湖手前の地下道を歩いて通ってやっとこさ本栖湖エイドに。
前回ここは68km地点でしたが、今回は69.8kmだそうです。
トンネル通らなかったり細かく道が変わっていた分距離が違うのかな?
だとすると後半どっかで前回より短くなる・・・のか???
どう考えても短くできるような所が無いんだけど・・・???

とりあえずそこは行けば分かるだろうとエイドで補給としましょう。

後半に続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012チャレンジ富士五湖112km(20120422) 前半編 秋刀魚は鮫になりたくて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる