秋刀魚は鮫になりたくて

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京マラソン(20130224)

<<   作成日時 : 2013/03/01 19:04   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

これは贅沢な42.195km

朝4時半起床してお稲荷さんと赤飯オムスビで朝ごはん。
良く寝れたけど、夜中何度も目が覚めたのはちょっと興奮してるせいか?
5時半に家を出て駅に着いたらモーニングライナーが来る時間だったので
ちょっと別料金がいるけど+400円程度ならゆったりできるし良いよねと乗ってしまう。
日曜の早朝だし普通の快速でも混むことはないだろうけどさ。
空いた車内でゆっっくりしながら少しづつOS−1を飲んでおく。
普通のスポーツドリンクよりも吸収性が良いので水分補給した割にはトイレ行きにくくなるかなと思って。

日暮里駅でトイレ(大)済ませて山手線で新宿まで。
新宿着で多くのランナーが下車してぞろぞろ都庁方面に。
画像

間近で都庁見るのは初めてだったので見上げてウヒョーっと観光
入り口ゲートでナンバーカードチェックと荷物の簡易チェック受けて封鎖された道に入場します。
荷物預けトラックも決まっており自分のを預けるトラックは結構端っこの方だったのでテクテク歩いて。
トラックの前の道で持ってきたオムスビさらに1つ食べて、着込んできた服も預け袋に突っ込んで準備。
この段階でまだ7時半過ぎ。寒いと言えば寒いけどこの時期にしてはましな方かな?
画像

今回はHORIZONの半そで(中に夏用アンダーアーマー)・スキンズパワースリーブの上にアームウォーマー・
薄手の手袋・CW-XジェネレーターハーフタイツCEPカーフスレーブRLソックスアシックスターサーjapanアスリートクラブの中敷き
という感じです。

スタート前〜しばらくは寒いのでこの上に使い捨てランニングポンチョ(受付後のエキスポでもらったの)かぶりました。
飲み残しのOS−1をチビチビ飲みながらスタート地点確認。
スタートエリアにはまだ人はまばらでビル風が結構吹いて寒い
風よけに地下通路連絡階段に隠れて8時半ごろまで。
スタートエリアに入れるのが8時45分で締め切られるのでスタートエリアに移動。
地元ランニングクラブの人とたまたま会って少し話をしながらスタートゾーンに並ぶ。
今回は陸連登録ということで一般最前列エリアのAブロックから。
お立ち台の上の猪瀬東京知事の顔も何となく見えましたよ

9時05分に車いすの部がスタート後、9時10分にマラソンスタートしました。
号砲とともに一斉に舞うはずの花吹雪が一部固まりで落ちてきましたがw
花吹雪がちゃんと桜の花びらの形なのが面白かったですね。
この形だときれいなひらひら感が出るらしいですよ。

割合前列だった割にはスタートラインまで1分ほどかかり、その後少し混雑した感じでやや走りにくかったり
中央分離帯があって混んだ中では足元やや気にしなければならないとことかありましたが
1kmほど行くとややバラけてきました。
信号もコースの曲がる方向が信号で示せるところは出していたりして凝ってるなと思いましたね。
ガード下をくぐって歌舞伎町方面に。かなりの人が応援してくれてて非常に楽しい
夜のちょっと怖いイメージしかこの場所にはなかったので少し不思議な感じでしたねw

コースは前半緩いけど長く続く下り基調でついついスピードが乗りそうになりますがそこはこらえて。
前には陸連登録Aゾーンの人しかいないけど、陸連登録は早さの基準ではないので
速い人遅い人の差が結構激しく追い越しもかなりしていかないと前に出られない。
道が広いのとマナーをわきまえている人が多いので横に広がって道を塞ぐのは居ないので危なげなく追い越せる。
2km過ぎでかなり体も暖まったので使い捨てポンチョはコース員さんに回収してもらって軽くなっていきます。
流石に脱いですぐはやや寒いかと思いましたが日なたに出ると結構温かくて
風が吹き付けると少〜し寒いかなといった程度。

5kmほどで最初の給水。
道の左にいたので右に給水所が現れた時には摂れないかと思ったけど左側にもありました。
テーブル数も多くかなり長いので奥の方のテーブルで摂ると他の人とぶつかったりしなくていいですよ。


5km通過 00:24:34 (ラップ 0:23:35)

最初の混雑は有ったけどずっと下りだったのでペースとしては悪くはないようです。
まだまだ人は多いけど下りを利用しつつ下りで痛めたりしないように調子に乗りすぎない程度で行きます。
今までずっとロングタイツを使っていたのでハーフタイツは久しぶりに使うけど
CEPのカーフガードと合わせて居るのでそれほど違和感もなくむしろ膝周りは生地がなく出ている分動きやすい。
飯田橋周辺でも応援も多くかなりみんなノリノリ。
竹橋のあたりだったかな?もう名物となっているらしいYMCAの応援が楽しい
何人かのランナーは曲の該当部分ではないのにY〜M〜C〜A〜って踊ってましたねw
皇居周りの何度か走って事のあるあたりに来るとやっと地理感覚が分かってきました。
ふーん。新宿と東京駅って意外と近いんですねぇ
皇居東側の東京駅に近い辺りで皇居警察隊のブラスバンドが応援してくれましたカッコイイですね
「この先左折してまたすぐに右折です」
クランクのような道順の部分では丁寧な道案内放送もあってありがたい。
日比谷公園の脇で10kmの部はゴール地点ですが、フルの部はまだここから。
やっとウォーミングアップが済んできたかなという部分。

10km通過  00:46:19 (ラップ 0:21:45)

応援が多いことと下り基調の道で少し調子に乗りすぎているようです
一応目安は5kmを22分半の`4分半ペースで行こうと考えているので少し落ち着きましょう。
落ち着くには〜〜・・・やっぱトイレだねw
日比谷公園を通り過ぎた先の仮設トイレが空いてそうだったので駆け込む
・・・ふー。結構出たスッキリ
でもコースに戻るにはちょっとだけコースまで逆走する形で戻らないといけなかったので
20mほどですがちょっぴり余分に走ることになりましたw
有名な増上寺では大きな門の上からお坊さんも応援してくれてました。
まぁ師走って言葉があるくらいなんだからお坊さんも走ることにかけてはプロみたいなもんですからねw

その先でBMWのショールーム前ではBMWさんが配っていた応援用の
サンダースティックが盛大に落ち鳴らされていてかなり賑やか
ちょっと行くと「vanさんがんばれー!」
あれ?ワシ名前呼ばれたかと思って振り向いたら自転車に乗った肌つやつやの青年が・・・
・・・あれ?だれだ・・・ってkyoshidaさんじゃん!
ココにいるとは思わなくて帽子で顔半分隠れてたんでとっさに分からなかった
「お・おー!」っとしか反応できずに足がすでにだいぶ前に進んでいましたので通り過ぎてしまいましたゴメンネー。
ホコホコして反対車線をゆくトップ選手にエール送ったりしながら
当然と言えば当然なのだけどなかなか来ない品川折り返しまでにこんなに離れているのかとビックリ


15km通過 01:09:11 (ラップ 0:22:52)

トイレ行ってる割にはタイム落ちてないな。
やや追い風気味だしこんなもんかなと思って折り返しの巨大なオブジェを回るとそこそこ向かい風。
折り返してすぐにある給水で水をもらう。
給水所のボランティアさんも忙しいのににこやかに応援してくれてテンションあがるね
時折かなり強い風が前や横から吹き付けてさっきよりだいぶ走りにくいときもたまにあるけど
強い風が吹く時間はそれほど長くなく、たまにドンッときてウヒッっと思うけど
ビルのせいか風向きも強さもコロコロ変わってひどく押される感じまではなかったですね。
体に風が当たるせいか、ビルで日陰になるところと日なたでは体感的にかなり温度が違う。
日なたではかなり暖かいと感じるので汗をかいてる感じはないもののあご下にはすでに塩っぽい感覚が。
塩熱サプリをこの先で摂っておいた方がいいなと思う前に2度目のトイレシッコチカイネー
結構歩行者が多いものの歩道向こうの仮設トイレに行く際にボランティアコース員さんが通してくれて
すんなりトイレに男子用朝顔のある所なのでロスもさらに少なく、
用を足して歩道に戻る前に「コースに出まーす!」と声をかけると
誘導員さんも歩行者さんもすっと通してくれてスイッとコースに復帰。


20km通過 01:31:56 (ラップ 0:22:45)

その後の給水で忘れずに塩熱サプリを2粒をスポドリで流し込んで日比谷交差点を右折。
中間点を過ぎ足にはどこにも痛みも無い。かなり快調に来れてる!
山手線のガード下をくぐって銀座のきらびやかな交差点方面に。
不二家ビルとか和光ビルとか、いつもなら銀座の都会感に圧倒されて用事が済んだら
そそくさと帰るようなところを堂々と走り抜けられるなんてなんかこそばゆいですね
銀座中央通りの道にはそれこそ大応援と言えるほどの人たちが切れ目なく続いてたのしい
さらに銀座のビル群にその声援が反射してより大きな波となって声が押し寄せる感じもする。
自分が応援側だったときにも声が響く感じが面白かったけど、
実際もらう側になるとより腹に響くようだ。

腹に響くと言えば少し腹が減る頃か(笑)?
補給所のバナナを戴こうと差し出して頂いたバナナを受け取るものの
皮の剥いてあるむき身が”ちゅるん!”っと逃げて行ってしまい落してしまいました
そのあとのテーブルにあったトマトを2つ掴んで1つ口にポーン
うひゃーうま〜い!これものごっつ旨ーい!
ピンポン玉より少し大きいくらいのプリッとしたトマトは皮もそれほど厚くなく果汁たっぷりのおいっしいトマトでした。
2つ目も幸せにもうもぐと食べながら行きます。
受付のときのエキスポブースではトマトは展示だけで、走りながらトマトってどうなのよ?って思ってましたが
実際に食べてみると、おいしいし瑞々しいので補給としてかなりアリだなと感じましたね。

銀座の大通りを日本橋手前で急に曲がってさらにまた何度か折れ曲がるところもあって
このあたり意外とコース取りによってはほかの選手にクロスしそうになって
ややコーナーごとにペースが乱れる。


25km通過 01:55:29 (ラップ 0:23:33)

25kmの給水所でラインがほかの人とクロスしそうになって給水摂れないと思ったけど
一度途切れた後テーブルがもう少しあったのでそこで給水と少しのかぶり水。
汗が流れるほど熱いとは感じないものの帽子濡らす程度はかぶっておきました。
平坦かと思ったこのエリアも川を越える橋で小さ目のアップダウンが意外と地味に効く。
思ったよりも浅草の雷門まで長く感じてやっとこ到着。
あ。ココにも北海道のアンテナショップがあるんだ〜
小さな子供の演奏もあって少し手を振ったりしながら。
このゾーンは観光地であって応援ポイントでもあるので人がものすごく多い。
ちょいちょい手を振ったりしてテンションあげていく

TVのカメラも結構あったけどたぶん映らないよねー(笑)
オールスポーツさんが最近の観光名所のスカイツリーバックに写真撮っていたので
ちょっとポーズ…間に合ったかな?
折り返して戻る形の・・・えっと、ワコールビルってどこだっけ??
ワコールビルを探しながら・・・あ。あった!
今回はCW−Xのジェネレーターハーフタイツを直前で買ったので
あまり自分はぶっつけ本番ってのはやらないほうだけど今回は練習で使うことも無く履いてみたんですよね。
で、その時にワコールビルの前でCW−X履いてたら集中的に応援するよ!って言われたので
そのビルの前通り過ぎる前にワコール社員さんたちが固まってて、
それこそドッカーンって擬音語が入りそうなくらい大声で応援してもらった


30km通過 02:19:17 (ラップ 0:23:48)

30kmを超えるとやはり少し疲労も出てくるのかさっきよりも橋のアップダウンがきつく感じるようになってきたけれど
普段の30kmの感覚よりはずっと短く感じ『え!?もう30kmなの!?』って感じのが上でしたかね。
日本橋あたりの2度続く直角に近い角を曲がるときも
先ほどよりはランナーの数もさらにばらけて走りやすくなっていた。
【モンテローザ】居酒屋の応援幕や、クマのぬいぐるみ応援隊とか、色々いて楽しい。
高速のガード下?くぐったあたりでやや後方から
「HORIZONがんばれー」って声が小さ目に聞こえて『えっ!?』っとなったけど、
そのあとすぐに道が曲がるところで後ろ振り向く余裕がなかったので反応もできなかったけど、
あの時の声は届いてました。ありがとうございました!

再び銀座の中央の広いところに戻ると33kmくらいに名物”女将さ”んの手形があるエイドが。
少し手を振っただけで過ぎちゃったけど、奥武蔵ウルトラで一度お会いしてるのでなんとなく親近感があって

銀座4丁目の角を曲がって築地方面に。
新しくなった歌舞伎座はきれいになってかなり白く輝いていましたが、
その真上ににょっきり生えてる高層ビルが違和感あるもののこの先見慣れてなじんでいくんでしょうね。
この部分も割合アップダウンは有って後半戦そこそこ足に負担があるように感じますね。
35km手前の関門予告看板とかで間違えて腕時計のラップボタン押しちゃったけど、
ほんとの35km地点は築地の角を曲がってからでした
もう既にちょっと思考回路も危ういねw


35km通過 02:43:13 (ラップ 0:23:56)

35km通過後トマトの補給食3つほどつかんで(走りながらつかんだら3つとれたので)
ひょいパクひょいパクっとちょっとやみつきwだってうまいし、喉の渇きも癒せるし〜。
入船橋の角を曲がって応援団がまだまだいう中を超えると、

東京マラソン名物 佃大橋 登場!

さすがにこの上りは厳しいもののコース警備ボランティアさんや
付近のマンションの人がベランダから応援してくれてるので頑張って登る
ふくらはぎや腿に過度に負担が行かないように柔らかく少しストライド狭めてよっこいよっこい登っていく。
登り切っても応援の人は少ないもののコース管理ボランティアさんが応援してくれてるのでありがたい。
このあたりは風もよく通って走っているこっちは風が冷たいけど、それほど厳しく感じないものの
ずっと立ちっぱなしでほとんど動けないかなり寒いだろう中で笑顔で応援してくれてるのが印象的でした。
橋を超えるころの歩道からまたかなりの応援団が声をかけてくれる。
この中にスパルタスロン初参加で見事完走した田中社長さんもいらっしゃったようですが分かりませんでした。

その先も道幅は広いけども川を超えるたびにアップダウンがかなり有り後半の足には結構厳しい。
橋を下りながらその先で道が曲がるところなどでは先のコースが良く見えず
ランナーが地面に潜っていくような視覚的な錯覚に陥って『どどど、どこ行くん??』ってちょっと不安になりましたねw
豊洲あたりの給水所でショッカーの仮想したランナーに抜かれて、
やっぱり被り物は暑いのか給水エイドの水を頭から何杯もビッシャビシャになるまでかぶってましたねww
イオン東雲に向かう橋も厳しかったな〜。
エリートランナーの3桁ナンバー着けた女性ランナーさんも
厳しそうにかなりペース落ちちゃってる人もいて、それでもあきらめず前に進む姿に
エリートとは言っても落ちても勝負投げない気合に感動。

東雲イオンの先で曲がってすぐにやや道細くなって、
ワシの走ってる辺りはかなりランナーの間隔はばらけてるので問題はないけど
ランナー密度の高いゾーンのあたりの人はこの辺でぐっと混雑するのかもしれませんね。


40km通過 03:07:34 (ラップ 0:24:21)

あと2kmちょっとを12分以内なら200分(3時間20分)は切れそうだ!
自分のベストは201分(3時間21分)なので200分の壁は崩したい!
絶対に`5分は越えられない。背筋と腕の振り位置や腰の位置など正してスピードを落とさないように
むしろ加速気味でラスト2kmに入った。

最終給水で最後の気合を入れて、もうひと踏ん張り
画像

応援に来てくれてたいけぴーずに写真とってもらって応援もらってさらに気合も入ります。
有明のりんかい線越える上り坂がかなり急で厳しいけど、
ちょうど追い風状態で背中押されてラッキーな感じでよっこいせっと登れました

すでに正面にビックサイトは見えていますが曲がり角を曲がって
ビックサイトを横にする位置で緑色の柵の前走っているところが非常に長く感じましたね〜。
最後の角を曲がると42kmのピンクの通過門があって、
そこをくぐったらゴールの時計が3時間17分をすでに指していた。
残り200mもない!あの時計は18分にはしたくない!
最終スパートかけながらゴール前に観衆に少し手を振りつつ、


Finish  グロス 03:17:54 
        (ネット 3:16:55)  ラップ 0:10:20


やったね!200分切れたよ!久しぶりの自己新記録達成しました!
とは言っても申込時の目標申告タイムは3時間9分だったんですけども・・・
スパルタ以降の燃え尽きで練習できていなかったりなんだかんだでそこまで狙える状態じゃなったけれども
たくさんの応援とやっと当たった東京マラソンということや自分には苦手なインターバル走で練習した甲斐があった。

ゴール後の給水ボトル〜タオル〜メダル〜バナナ・ミカン・ソイジョイなどの導線は見事ですね。
ゴール後に結構歩きますがちょうどいい感じで少しづつ配布品があって、
それぞれにありがとうと受け答えができるような感覚でその時も楽しかったです。
画像


荷物受取もスムースで、自分のころにはまだ着替えスペースも広々していてのんびり着替えが出来ました。
足が攣ったりすることも無く、さほどの痛みも無く完走できたのは良かったです
画像

足湯もそれほど混んでなかったので湯ったりと〜
10分程度でお願いしますとあったので10分たっぷり堪能しましたよ。
きんもち良かったねー

その後ビックサイトから外に出る際にかなりビックサイト内をぐるぐる歩かされて
駅まで行く道を遠回りで混雑しないようにだろうけど結構歩いたねー。

応援に来てくれてたいけぴーずと祝杯あげて楽しい1日でした。
いけぴーずご馳走様でしたね〜



さて今週末は203km小江戸大江戸だぜ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。そしてPB更新おめでとうございます。
小江戸大江戸はどうでしたか?自分は192km過ぎにリタイアしてしまいました。100km越えてずっと脚が痛かったのですが、最後のエイドを過ぎてついに耐えられくなって...。まだまだでした。
kyoshida
2013/03/05 07:28
>kyoshidaさん
小江戸大江戸お疲れ様でした。
前半の狂風には参りましたね(笑)
のこり10kmとは言え何もないバイパス道を痛みこらえながら行くのは精神的にも、かなりきついですからね。自分は仲間やほかのランナー(みんな歩きに近いけど)を歩きながら集団に巻き込んでみんなで一体化して何とかゴールまで連れてってもらったって感じでした。あそこをただ一人で痛みこらえながらだと自分も無理だったかもと思います。
ほんとに厳しい大会だったけど他にはない味わいのあるイイ大会だったと思います。
お疲れ様でした。痛みが長引かないようしっかりケアしてくださいね。
van
2013/03/05 11:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京マラソン(20130224) 秋刀魚は鮫になりたくて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる