秋刀魚は鮫になりたくて

アクセスカウンタ

zoom RSS 小江戸大江戸203km(20130302) 前半編

<<   作成日時 : 2013/03/07 11:26   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

風に押されて

結構な勢いで降ってた夜中の雨が残らなくて良かったよ
雨あがった始発電車で乗り継ぎ乗り継ぎ川越まで。
そこから歩いて10分ほどの健康ランドで受け付け。
7時半までだから残り15分ほどしかなかったけど何とか受け付けは間に合って
TEAM THE HORIZONのメンバーともあえて挨拶などしつつ朝御飯のオムスビ
着替え(上に来てたの脱ぐだけ)しても一回ここに戻ってきたときの荷物と最後に受け取る荷物を預け
スタート地点のすぐ近くの熊野神社にみんなで移動して
画像

画像

なんだかんだみんなでうだうだしてkyoshidaさんにも挨拶したり、
今回怪我で出られなかったマロンさんから完走アイテムを戴く
画像

みんなで話してたら「あ〜時間過ぎてた。はいスタートぉー!スタ〜トだよ〜!」
って、スタートが緩すぎるわww ってことで朝8時スタートしました

画像

小江戸と呼ばれる古い川越の町中を少し通ってコースは東に。
始まってすぐですがもうすでにシッコしたくなったので、
スタートからしばらく話しながら走っていたkyoshidaさんとはここで別れる。
コースが東向きから北向きになったころから

もうとっても強風ですよっと

画像


田んぼ道から河川敷の道に入ると 強風 は 狂風 になって猛然と襲いかかてきました
結局この風はずっと止むことなく、コース最北端に向かう50km近くの間、

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと

猛烈な向かい風に向かって走ることになりました
帽子や地図をふっとばされている人もいたようですよ
自分もドリンク飲むときに正面向いていると帽子吹っ飛ばされそうになったので
ドリンク飲むときには後ろ向きになって飲んだりしてました
風はかなり強いものの日差しは強いので温かく寒くはなくウィンドブレーカーとかは要らない感じでした。
自分はasicsの防風長袖シャツを着ていたので、やや風に対しての防御力もありましたね。
画像

最初の桜堤エイド(16.6km)に9時53分(1時間53分)に着いて日差しが強いのでメガネをサングラスに変更
東京マラソンのエキスポで申し込んで作ってもらったのが、
小江戸大江戸参加前々日に届いたので使ってみたかったのさー
違和感もあまりなく、光が弱まる分チョット落ち着けてイイかもね。
桜堤の中は風がやや遮られるので割と走りやすかったですね。
春になったらきれいな花が咲くんだろうねぇ〜と思いつつも今は咲いてないので華麗にスルーw

さらに強まる風にほぼ下向きになりながら黙々と耐えつつ北へ向かう。
自転車の人やここを練習にしているランナーさんから時折応援受けつつ
それ以外は修行のようにただひたすら北へ北へ。

画像

熊谷スポーツセンターエイド(28.12km)に11時10分(3時間10分)で着いて
軽食の出来るエイドなのでお稲荷さん・太巻き・インスタントみそ汁・バナナほか頂いて
トイレ済ませて出発。
もうここでかなりのランナーが強風にぼやいてましたねww
まぁ風はみんなイーブンコンディションなので仕方ないことでしょう・・・けどねw

自分は、これの前の週に東京マラソンを走っているのでダメージ残ってたらまずいなと思ってましたが
初めはあまり感じなかったのですが10km過ぎたあたりから右のくるぶしに
範囲は狭いけども突かれたような痛みが出始めましたよ
なるべく痛みが増えないようにと思いつつこれくらいなら何とかとも思いつつ走っていきました。

ココからコースは西寄りになりますが以前風は向かい〜横風で一向に止む気配すらありません。
画像

補給にOS−1ゼリーと塩熱サプリとアミノバイタルプロもついでなんでひっくるめて摂っときました。
飲む点滴と呼ばれるOS−1は効果が高い・・・様な気が・・・します。
まぁこれはギリシャに持って行った残りなんで、もしやと思って裏を見てみたところ
画像

あっさり賞味期限が切れてますよっとw
まぁ細かいことは (゚ε゚;)キニシナイ!! (←その汗は何だい?)

その先の公衆トイレで用済ませて私設エイドでコーラ頂いているところで
関さんとkkzkさんと一緒になりました。お二人ともスパルタスロン完走された方で、
特にkkzkさんは去年の暑さの中で完走された数少ない女性ランナーでそのゴールシーンは感動的でした。
しばらく話をさせてもらったりしながら、関さんは少し足痛めたようで厳しそうでしたが
粘り強くゴールされたようで流石です。(関さんは小江戸91kmコース)

関越道の花園インター脇の小道が分かりにくかったですが、たまたま一緒のタイミングだった
kkzkさんや他のランナーさんに道案内してもらってインターの下をくぐる細い道を抜けて先に。
チョットお腹すいたのと手持ちドリンクが無くなったのでコンビニ休憩
画像

コンビニ店内で食べられるスペースがあったのでちょっとのんびり休憩しつつ
画像

玉淀大橋超えて玉淀エイド(51.3km)に14時10分(6時間10分)で到着。
パンやブドウなど頂いたりしながらちょいと休憩。
まぁさっきコンビニで休んだんでそれほど休む必要も無いんですけどね。
ココからコースは南に向かうのでちょっとは追い風で楽に走れるかしらねっと期待。
もうほんとにここまでの風は厳しいなんてもんじゃないわよまったくもうって感じでしたわ。

玉淀エイドを出てしばらくすると上り坂や階段もあったりして、やや登り基調で
さらに林や住宅地に入るので風も思ったほど通らず追い風効果もあまり期待ほどはなかったですね。
コース的には道なりに進めばいいのだけれどもこの道で合ってるのかどうか不安になって地図チェックも増える。
男衾(おぶすま)という漢字自体初めて見ました。
金勝山トンネル抜けた辺りからかやや下りに。
みどりヶ丘歩道橋〜嵐山渓谷付近など淡々と通り抜け、ちょっとみちなりに気を抜いていたせいか
上唐子(北)の交差点を鈍角に右折しなければいけないところを直進してしまう
少し行ったところで同じく道間違えた事に気が付いたランナーと地図とにらめっこ
それほど交差点からきてないし方角から少し戻れば元のコースに戻れそうだと細道を抜けてコースに復帰

少し先の唐子市民活動センターエイド(71.9km)に16時58分(8時間58分)で到着。
画像

ここで頂いたカレーうどんは美味しかったですねん
パイナップルもおいしかったな。果物の缶づめってウルトラにもイイって聞きますし〜。

既に17時なのですぐに寒さが来るだろうと思って、
ウィンドブレーカーのパンツだけ履いて、サングラスを普通のメガネに交換して出発しました。
上着はとりあえずそのままでしたね。
この先で2度交差点曲がるところをエイドにいる間に事前チェックして
下青島(北)と古凍(ふるごおり)を間違えずに☞指さし確認してw 交差点クリア
もうこのころにはかなり暗く気温も下がってましたので上着も着ました。
画像

写真だと車のライトにこっちの光が潰されてますがジェントス閃のハンドライトはナカナカよろしい
ヘッドライトも一応持っていきましたが市街地が多くハンドライトだけで充分だったのでヘッドは無しで。
圏央道川島インターの脇を通る道で、いつの間にか工事中の道に入ってしまったようで出口がない
ガードパイプをくぐる形で道に戻ってっと 変な体勢はキビシイワ
川越中間エイドまであと少しの山田Y字路交差点前で喉乾き気味だったのでお茶を500ml一気飲みしてたら
田口さんに軽快に抜かれました
まぁ向こうは川越で終わる小江戸コース(91km)だけどこっちはまだ半分も来てないので焦らず慌てず。
川越市街地に入ると信号も多く人の通りも多いのでちょっと詰まり気味でしたが
川越健康ランド中間エイド(91.4km)に19時47分(11時間47分)で着きました。

ココから残り112kmを24時間あるのでまぁ何とかなるでしょう。
前半の風にやられてしばらくは小江戸のみで終わりにしようかなぁ〜っと思ってましたが、
川越に着いてカップめんをもらって食べて一息ついたら時間もあるしいけるんじゃねって考えになりましたね。
ただ自分は勘違いしていて中間エイドの川越健康ランドで風呂に入って仮眠もできると思っていたのですが、
風呂はリタイヤ&小江戸ゴールのみで大江戸に向かう人は着替えのみでしたアレー?
一休みしたら結構冷えたのでシャツ全部変えて袖なしウィンドブレーカーも中に着こんで出発。
エイド滞在は40分くらいだったかな?


→後半に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんであの凄まじい風の中を普通に90kmとか行けているのかまったく意味が分からない………バイクでさえ筑波のバックストレッチで苦しそうだったよ………。
塾長
2013/03/10 16:47
いやー。ほんとあの風は大変でした。
まだ前半だったのでよかったですが終盤だったらどうなってたんでしょうね?
モーターサイクリスト読みました。ありがとうございますちょっと照れますね
van
2013/03/10 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
小江戸大江戸203km(20130302) 前半編 秋刀魚は鮫になりたくて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる