秋刀魚は鮫になりたくて

アクセスカウンタ

zoom RSS 小江戸大江戸203km(20130302) 後半編

<<   作成日時 : 2013/03/10 23:12   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

人に押されて

川越健康ランドを出て繁華街を抜ける形で固まった足で最初は歩いて南下すると、
いかにもランナーの荷物&ランニング用ダウンジャケットを着込んだ人たちとすれ違う。
がんばってー♪」「あたしたちすぐに追い越しちゃうからねー
この後22時スタートの大江戸コース112kmの部の参加者さん達でした。
川越駅越えて人が減ったころから走りはじめると、やはり右足首に痛みはあるものの
90km以上走ってるんだからこれくらいの痛みが出るのは当たり前ってくらいなので
さほど問題としないことにしました。

とりあえずしばらくは道なりに南下すればいいだけなので道を間違うはずはないのだけれども
前後に全くランナーがいない時間が続くとチョット不安になる
丁度向かいからジョギングで地元ランナーさんが来たので道を確認しようとすると
小江戸大江戸頑張ってください!応援してます!」
がっしり握手されてかなり強く応援してくださいました
道も聞いたら問題なく合ってるということで安心

英(はなぶさ)ICの歩道&歩行者用トンネルを抜けてしばらく行ったところで
かなり高速で走るランナー2人に追い越される。
大江戸コースの先頭2人だったようです。一人はHORIZONのトップランナーで今回の大江戸優勝、
もう一人は去年のスパルタスロン2位の方でした。そりゃ当然速いよねー。

ま、ワシは時間内完走しか目指してないので焦らずのんびり行きましょうねー。
川越から20km弱走って11時前なのでチョットお腹すいたし
画像

なか卯(朝霞店)でご飯にしましょ
今回なか卯さんがスポンサーに着いていただいていますので、選手はコース沿いの2か所で各500円分の
食事が頂けます。オーバーした分は実費で払えば追加が出来ました。
とりあえずこのセットは親子丼ミニ+はいから小うどんで500円でしたのでちょうどいいかなと
実は自分の住んでる近所にはないので、今回が初なか卯でしたw
大変おいしゅうございました

店の中が暖かかったので外に出るとチョット寒いくらいだね。
でもしばらく行くと暑く感じたり、かといって脱ぐと寒かったりで結構調節が難しい
結構次々と大江戸コースの元気な人たちに抜かれながらえっちらおっちら進んで
熊野町の首都高速の下の交差点でココから都庁方面に。
途中スーパーの前のベンチで荷物出し入れした時にハンドライト置き忘れて慌てて戻ったりしましたが
画像

都庁近くの成願寺エイド(127.7km)に3日午前2時43分(18時間43分)で到着。
お寺の地下にある部屋がエイドとして開放されていて暖房も効いててとても暖かい。
小さく作ってくれてるオムスビや温かい汁物・くだもの他頂いて、よっこいせっと地下から出る階段が辛いww
外に出るとエイドの部屋が温かかった分、とても寒い。
しばらくプルプル震えながら、新宿都庁方面の清水橋交差点を曲がって
画像

今回都心部では写真撮影チェックポイントが4か所あり、
そこに行った証しとして撮影しておかなければなりません(最後に画像でチェックが有ります)。
この前の週にも東京マラソンでここに来ましたが朝と夜では全く雰囲気違うもんですな。
あの時は独特の高揚感に包まれていたこともありますけどね。

チェックポイントの撮影も済んで代々木八幡駅を超えて富ヶ谷の交差点を東に。
交差点の歩道橋に応援の人が寒そうにしながらも居てくれてました寒い中ありがとー
原宿駅越えて「表参道」の交差点曲がるはずが表参道と書かれた神宮橋の駅前交差点を曲がってしまう
その先で完全にルートをロスト。適当に方向考えて進んだら通り過ぎたはずの競技場の看板が!
(しかも通り過ぎたのは国立代々木競技場で、看板が示すのは国立競技場。現地では混乱で理解できず)
もうさっぱりわからず近くのコンビニで道を聞くも地図が荒すぎてわからんと
地図が荒くてもここがどこでどの方向が六本木かくらい教えられるだろうがーーーー!!!!
もうコンビニ店員はこっちが田舎者だということで馬鹿にして使えないので、
外を歩いてた工事のオッチャンに道を聞く。
親切に教えてくれたけど、結局教えてもらった道は少し違ってたけど何とかコース復帰できました。
コース復帰と同時にHORIZONの大谷さんと、一緒に走っていたKMRさんと合流。
お二人とも前回完走者でナンバーが若い(完走者の中で速いほうが若いナンバー)のでここからご一緒させていただく。
というより、自分が着いていけない方なんで待っていただく・・・。
何とか六本木ヒルズ方面に向かい、2つ目の撮影チェックポイント
画像

グランドハイアットというところの前にあるなぞの巨大岩オブジェが撮影チェックポイントでしたナンダコレ
六本木ってところはオサレ過ぎて居心地悪いのでそそくさ退散w
てか、朝の5時なのに普通に人いるし、普通に飲み屋さんやってるし、今が何時なのかさっぱりわからん。
時計見ずに「今18時」って言われたらそうなのかな?って思うわ。

六本木ヒルズを後にして、ちょろっと行った先の東京タワーが次のチェックポイント。
とは言っても、東京タワーそのものでなく
画像

南極観測犬の記念像が撮影チェックポイントですw
まぁ夜中だと東京タワーの照明も消えてて撮影も厳しいですからね。
しかしこんなところにこんなんがあるとは知りませんでしたなぁ〜。

撮影してた時には結構なランナーの集団になってましたが冷えたのでトイレ行ってる間に置いてけぼりにされました
その先の道を軽く間違えたものの、1本筋が違っただけだったのですんなり復帰して、
画像

何度か走ったこともある皇居を1周するのも今回のルートです。
先週の東京マラソンではこの道を南に向かいましたが今回は北向きに。
早朝6時前という時間でしたが皇居ランナーさんはソコソコいましたね。
しかしみんなおしゃれな感じで、丸1日風呂に入ってなくザック背負って140km以上を走ってきたランナーというのはかなり場違い感があるね〜
まぁそうも言ってられないので気象庁前で一旦コースは皇居周回路から外れて
「こしあす接骨院」」エイドに(143.7km)6時02分(22時間02分)
非常に暖かい室内でお汁粉や果物など頂いて胃腸薬・塩熱サプリ・アミノバイタルプロなど摂れる物は摂っとく。
お汁粉美味しかったねー
ここでまた大谷さんとKMRさんと合流。「一緒に行きましょう」とご厚意に甘えさせていただくことに。
自分の劣化が一番激しいんですけどねー。その分少しだけ先に出たんですけどあっという間に追いつかれたり。
三宅坂の下りは結構太腿に来ましたなぁ。

コースは東京駅方面に。
東京駅自体はチェックポイントではないけど、新しくきれいになったと聞いてちょっと観光
画像

画像

なんかドームの内側がいい感じにロマンチックな雰囲気醸し出してますな。
こういうの大正ロマンって言うの?

画像

日本橋の道路元標っていう道に埋まったマンホールかと思うようなものを見てみたり
KOREDO室町とかいうオサレスポットを素通りしてみたりw
画像

両国辺りをどすこいという感じではなくすっとこどっこいって感じで通り抜け〜
本所3丁目エイド(154.6km)に8時10分(24時間10分)で到着。
まぁここまですんなりこれたのは、KMRさんの完璧な道案内のおかげで
自分一人だったらかなり迷子連発してただろうと思われる、細かい曲がり角連続のコースでした。
エイドでカレースープとパン果物・チョコほか頂いてトイレも済ませて
だいぶ朝日も出てきたのでメガネをまたサングラスに交換して出発です。
サングラスは必要だからというより、買ったばっかで使いたかったから使うって感じですけどねw

画像

東京新名所のスカイツリーも間近で行って見上げてみました。
ほーこりゃなまらごっつどえりゃぁでっけー!!
ま。ここもルートではあるものの撮影チェックポイントではないんですけどねw
ここいら辺りでまた北風がやや強めに吹き始める。
昨日のあの風がまた吹くのかなぁと不安になるもののどっちに転んでも川越に帰るには
北上はしなけりゃならないので、なるようにしかならんのですけどね。

言問橋を渡って浅草寺の裏に。
画像

最後の撮影チェックポイント浅草寺本堂を撮影して仲見世通りは通らずに出ます。
まぁ人でにぎわう仲見世通りをコースには出来ないんだろうね。されても辛いけどw
ココから御徒町方面を抜けて
画像

東京大学の赤門とかなんやかんや色んな門の前を通って行きます。
東大って意外と一般人自由に出入りできるんですね
興味はありましたがコースでもないし広すぎてどこ行っていいのかわからんだろうので入りませんでしたけど。

165km近くのなか卯で11時ちょっと前だったのでお昼ごはんにしましょうということで
画像

和風牛丼と鶏ゆず小うどんを頂きました。
ちょっぴり胃もたれ感があったので胃薬をもう一度追加して飲んでおきました。
この時のなか卯の中はほとんどワシらのランナーばっかりで普通のお客さんは2人だけw
一応気を使って昼の混雑タイムは外したんですけどね。
2回目のなか卯さんでのごはんもありがたく頂いてエネルギー補給はバッチリですな

なか卯から出るとそれまで晴れていた空が一転して曇天に。
雨になりそうな感じまではないけど日差しが無くなった分かなり冷え込みますな。
画像

冷えるとお風呂入りたいねー。って昔ながらの銭湯ってまだ東京都心に残ってるんだねぇ〜。
ま、入るほどの余裕はないんですけどね。時間的に営業してないし〜。

冷えたので王子駅前でトイレ借りて先に。環七を横切って赤羽の裏の団地の中の遊歩道に。
これKMRさんが案内してくれたからついていけたけど、自分では多分わからんかったわ。
前回もかなり混乱した参加者多かったみたいですよ

その後北赤羽〜浮間舟渡駅前に出ると
おー!荒川(現:板橋City)マラソンのときの駅じゃ〜ん!
なんとなく知ってるところに出ると安心するw
町中少し通って自販機のココアで一休みしたりしつつ笹目橋あたりから再び荒川堤防河川敷のコースに。
画像

昨日ほどの風はなく走りやすい状態とは言えすでに180km超えた足では時速8kmも出ないものだ。
走ったり歩いたりを繰り返し、何とかよっこいどっこいせっと
最終エイドの羽根倉橋エイド(189.3km)に15時33分(31時間33分)着。
画像

ふきっさらしの堤防土手にテント張っただけのところで温かいうどん作って待っててくれてるのは非常にありがたい。
最終エイドということで最初の方〜最後のランナーまでとなるとものすごい長い時間になるのに
にこやかに送り出してくれて背中が暖かいよ日差しは相変わらずないんだけどさ。

エイドから出ると歩くのももうキツイといった状態
しばらく歩いて数人で行っていたら段々と歩く集団がまとまってかなりの人数に。
一体感がだんだんゴールへの確信に変わってくるけどやや速く歩いてる状態では徐々に眠気が
実際何度か歩きながらも記憶が飛ぶ場面があったりして危ういので、
コンビニに入ってコーラでリフレッシュ
先に行った人に追いつくために時速5.5kmで歩く人に時速6kmで走って追いかける。
大谷さんは胃の調子が悪いようでトイレが増えたけど足は生きているようでバビーンと追い越されたりしながら・・・。
遅いとはいえ走ったことで割合眠気が足の痛みで飛んでいい感じ(←!?)
ここでもう一発気合を入れるためにスタート前にもらったアイテムで
画像

眠さは低血糖からくる場合もあるそうなので甘いもので気合入れ直しオイチイ

その後も集団は前の歩き隊を呑み込んでやや巨大化w
やや夕暮れの気温が寒さに変わってきたのでチョットは走ってみたり。
小仙波の交差点を超えるあたりで既にゴールしたがっちゃごんがデビルマンを迎えに
走ってコース逆走していきましたすげ!
180kmあたりでは同じところにいたんですけどね。流石にヒーローは違うわ。

既に夜になってしまいましたがその後は何とかゴールの川越健康ランドまでは引き連れて行っていただいて
画像


小江戸大江戸203kmコース 34時間26分(3日の18時26分)ゴールしました!

1日目の風はほんとに大変だったけど
あれでやられたから辛いからやめるとか言わなくて良かった。

2日目の道はほとんど難しいところは連れてってもらっただけだったので
自分で行けるかと言われるとかなり難しい部分があったけども

まぁゴールしちゃえばそれもひっくるめてアリだったのではないんだろうかと

ウルトラはこういった支えあいも楽しかったりしますね。
今回は支えられっぱなしでしたけども〜〜〜

走り終わった後の足はじんじんひりひりで風呂入ったらもう象足化がはじまってましたね。
健康ランドだから仮眠もできたんだけど、とりあえず家で寝たいと思って当日のうちに帰りました。
レース終盤から喉はやられっぱなしで声も出にくかったけど風邪ひくほどはいかなくて良かった
ウルトラやると免疫力が下がりますからねぇ。

あ。参加賞の太子堂のお菓子もおいしゅうございました。ドライフルーツが特にウマウマ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「丸1日風呂に入ってなくザック背負って140km以上を走ってきたランナーというのはかなり場違い感があるね〜」そういう本当の神様みたいな人が違和感なくいられる場所って、東京にはなかなかないよ(笑)。

それにしても………なんか200km以上走っているという感じが全然しないねえ。それが凄い。なか卵がどうとかお汁粉がどうとか………この精神力を見習いたいもんです。
塾長
2013/03/14 20:57
朝方の涼しいうちはそうでもなかったんですけど
日中少しだけ気温が上がっただけで自分からやや獣臭がするんですよw
前半に比べ後半は観光やちゃんとした普通のごはん食べてるので
マラニック的な感覚が強くレースっぽい感じが自分でもしなかったですね。
自分一人ぽっちだったらこうはいかなかったでしょうけども
道を知ってる人と行動したので迷うことなく楽しめた感じでしたね。
van
2013/03/16 01:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
小江戸大江戸203km(20130302) 後半編 秋刀魚は鮫になりたくて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる