秋刀魚は鮫になりたくて

アクセスカウンタ

zoom RSS いわて銀河チャレンジマラソン(20130609)

<<   作成日時 : 2013/06/13 10:44   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

痛いの 痛いの とんで・・・


とんでもなーーーい!!


くるぶしの痛みが少しは良くなった感じがすると自分で思い込むようにして
土曜の夜勤終えた朝急いで帰って出発。
10時過ぎの電車〜11時半ごろの新幹線で上野から北上に14時半ごろ。
新幹線の中で弁当食べた後に少し寝たけど思ったより寝られなかったな。
北上駅近くが受付会場なので楽ちんです
受付は割合スムースに進んでワカメラーメンもらってすすった後に
前夜祭会場に入ったけど結構人が多く混んでたので弁当とお茶だけもらってそそくさと退場。
ちょっと前夜祭会場のキャパを参加者が超えてきたような気がしますね。

少し早いけど宿に直行。
近くの百貨店でご飯とか買って、夕方お風呂も早めに済ませてのんびり
20時過ぎには、もう寝て翌朝1時20分起床結構寝れた。

今回はあまりやったことないけど足裏と膝にテーピングしてみました。
やり方は・・・なんとなく適当w
ハーフタイツとCEPのカーフガードも着けているので膝テーピングの上下が押さえられて剥がれにくくて良さそう?

軽くストレッチすると角度きつくするとくるぶしがノウッ

2時半ごろ北上駅前からの送迎バスでスタート会場まで。
スタート会場に着くと一緒に参加するバイク仲間のウェアがと綺麗に分かれました

今回は競技場が整備中なので運動公園内の通路からスタートとなります。
スタートのエアーバルーン門がエアー抜けでシオシオしぼんでしまって
おぅ!?もう制限関門なのか!?とか
ゲストの大助花子さんの軽快な素人いじりでスタート直前まで和やかでしたw

4時スタートする頃はなんだかいつもよりも明るく感じましたね。
走りはじめるともうすでにちょうどいい感じの気温。
この日は最高気温28℃まで上がる予報なのでかなり暑くなりそうです。
運動公園から出るとバスが路肩に落ちていた
なんか最後に踏ん張ったであろうブレーキ跡がもの悲しかったですな・・・。

今回は足首の不安があったので記録は狙ってません。
アスリートクラブで靴とインソールを調整してもらって、
自分のくせの右足が外に開いてしまうのを直す様に右足を開かないように意識していきました。

ほとんど雲のないいい天気で遠くの山も非常に美しく気持ちいいですね。
開けているところでは結構多くの人が写真撮ってました。
でも撮っているのはスマホの人も多かったです。だんだん旅のアイテムも変わってきてますね。


10km通過が 1時間1分ほど

足の具合みながら少しずつペースを気持ちいいペースに持っていきました。
10kmまでは交通整理されているので道イッパイに走れるけどここからは道の左側を走ります。
とは言っても結構人多いので左車線のほとんど使ってしまうのですけど。
いわて銀河の道に対する参加者のキャパも少し多すぎになってきましたかね?

15kmのエイドでえいじさんに追いつかれたらしいけど、
ちょうどこっちが出るときにえいじさんが到着するという入れ替わりだったらしく分かりませんでした。
もうここでやや汗ばんできてて気温も上がり始めたようです。
トイレは4基あったけどかなり混んでたのでパス。
というより、参加者増えたのにトイレがあまり増えてない感じがしますね。
どこの大会でも少しトイレが少ない感じがします。


20km通過 ラップ58分 (経過1時間59分)

体があったまったということとやや下りもあってペースも無理に上げてるわけではないです。
しかし足首がほんの少し痛みが出てきました。
出始めると気になるのであまり周りのことが見えてませんでしたね。
出にくいように足の運び気を付けるだけで楽しんでる感は無かったです。
スタート前にアミノ酸呑んだのでこのあたりでTASSを摂りました。
前回富士五湖の時よりは気温が高いこともあってやや粘度は低くなったような気もします。
でも水無しだとミントきついね


30q通過 ラップ58分半 (経過2時間57分半)

タイム的にはまだ落ちてませんが、余裕がだんだん少なくなってきて
体力や息が上がってこないものの足が持つのかという不安が広がってきてます。
練習では25kmも走ると足首が痛すぎてそれ以上走ってなかったのですが、
今はそれよりかはやや痛みレベルは低いかなという程度。
35km手前の上り坂はすでに歩きが入りました。

35kmのエイドで応援隊と合流。
その前にトイレっと。参加者も多く駅伝の中継地点なのに簡易トイレ2基だけとか少ないわ
トイレのあとに応援隊と少しだけ停まって会話してました。タイム追ってないので今回はゆったり気味で。
大体予定どおりの3時間半で通過でしたね。

ココから少しづつ登りになります。


40km通過 1時間10分 (経過4時間7分半)

35kmのトイレ待ちと応援隊と話してたのでペース落ちてるのではなく
まぁだいたいペースは変わってない感じですかね。
しかし、暑いな・・・今回はウェストポーチが直前に穴が開いたので
あまり収納力のないスパイベルトにしたのでデジカメも小銭も持ってきませんでした。
少しエイド以外での給水の事も考えて小銭は持ってくれば良かったかなと思いましたが
まぁすでに持ってないので仕方ありません。

エイドの給水も氷水で冷やしてくれてますがボトルによってまだ冷えてないのとかあって
当たりはずれがある感じ
冷たい水もらえたときには右足首もアイシング感覚でダバッとかけて。

豊沢ダム手前の登り辺りから足首がかなり厳しい状態に。
ダム手前では結構歩きも入って、よこいしょっと
たまにガードレールに手をついて足首を休ませたり。
加速度的に痛みが増えたときには足首もかかとも痛くて
地面に右足を付けることもできなかった。
ワイヤーのガードロープにしばらくしがみついて数分。
少し痛み引いたので足首とかかとに負担かからないように、つま先だけで走る
まぁそんな走りがそう上手く続くはずもなく、1kmも行かないうちにふくらはぎが攣りそうになってまた歩く。
休んだ分少しは痛みも我慢できるレベルまで下がった気もして、ゆるゆる走るような歩くような。
この時に少し話しかけられてしばらく話しながら進んでいるうちに意識が足から話に行ったことでまた走れるように。


50km通過 1時間31分半 (経過5時間39分)

かなり休むしかなかった分ココの10kmに90分以上かかりました。
50km手前のエイドで氷もらって靴下の中のくるぶしに当てましたが氷の圧迫が痛くてすぐに中止。
TASSもここでもう1本摂りましたが効果を体感するまで行けるのかどうか・・・。
緩めのくだりでは登りよりも負担が大きいのか自分の下りが下手なのかいつも以上に厳しい。
むしろ登りになってからの方が気分は楽でしたね。

いわて銀河の名物3つのトンネルの中はいつも以上に暗く
2つめ、3つめの中ではほとんど前が見えない状態。
外よりはずっと涼しいけども走れていれば寒いまではいかない状態でした。
トンネル内は登りとは言っても角度は緩め&暗くて角度がよく分からんので走れましたね。
1765mの3つ目は暗すぎてホントに気分的に長かった。

トンネル越えたエイドで温かいお茶がおいしい。
のこ手前のエイドが49.6kmで、この57.5kmまで給水がないので結構喉乾きました。
この部分はトンネルということとクマが出るところなのでエイドが置けないんでしょう。

ココから下りになりますが角度がきついところは無理せず歩きました。
まぁすでに歩きも無理しているような状態ですけども。
道脇の清流がきれいなのでそのあたり見ながら気分替えて遠足状態。
下りは走り3割程度で行きました。途中工事作業中の方も応援して頂いてうれしかったです
工事している崖の上がすんごい崩れてておっかなかったですけども
50km手前よりかは少し足の状態も安定したようで徐々に無理な痛みが出にくくなってきましたかね。


60km通過 1時間23分半 (経過7時間2分)

トンネル登りは結構走れましたが下りのほとんど歩いたのでこの前の10kmよりかはマシですが
かなり時間かかってますね。
平らなところも増えてきてゆるゆる走りで。
50kmの部との合流では速い人のゾーンはもう行ってしまったようでこっちの走りと大差がない感じ。
まぁずいぶんいろんな意味で大差のあるガンダムと抜きつぬかれつしていたのもありましたが
こっちが淡々と、というよりイタんイタんという感じで走っている間に追い抜かれて、
ガンダム撮影会の間にそっと追い越すって繰り返しですけどね。

66.5kmの着替えエイドにどっこいせっと到着。少しお腹すいたのでバナナやみそキュウリ・トン汁・リンゴなど
荷物受け取ってブルーシートに座ろうとするもなかなか地面が遠い
関節もなかなかいうこと聞かず座るのも難儀ですわ
減ったサプリメント追加して入れて置いたアミノバイタルゼリー飲料も飲んどきます。
お股にボールダースポーツぬりぬり。擦れて結構既に痛いのです。
再び立ち上がるのも大変で「ぅよいしょおぉー!」って声出ましたw

エイド出た時が8時間ちょっと過ぎてましたね。
最初に参加した時と同じくらいの時間になってしまいました。
車の人から追い越し際に「HORIZONがんばれー!!」って応援いただきました。
このカラーアフロヘアの方には何度か応援いただいてありがたかったです
やっぱり個別にもらえる応援というのは格別に力になります


70km通過 1時間36分半 (8時間39分)

山を下ってから暑くなるかと思いましたが、確かに気温は高めで直射日光もキツ目ですけども
心地よい冷ための風が吹いていて体感的にはさほど暑くは感じない
しばらく行くと、応援のまりこさんに逢ってしばらく話しながら歩く。
いけぴさんは20分くらい後ろにいるらしいので80〜90kmに行く前には追いつかれるだろうか。
てか、自分の状態から言ってもまだ追いつかれないというのは、いけぴさんもかなり厳しい状態なのだろう。
自分は50km位の時よりかはいくぶん痛みも引いて、たまに痛みの波があるものの
下りで無ければ結構いけそうな状態。
銀河高原ビールの登り道はヨレヨレとゆっくり走りで。
ここでもアフロの応援隊に声援頂きましたドモドモ
ナカナカ奥の折り返し回ってエイドに。牛乳寒天美味しいです!
去年あったすっぽんスープがなかったのは残念でしたがレモン2切れかじって
かぶり水ざばーっとして氷も置いてあったので帽子の中に一掴み入れてキクー!
鶯宿温泉方面の細い道を行くと公式撮影班の車がガンダム撮るために何度も止まったり追っかけたり。
そのたびに自分もガンダムと位置的に前後しながらでしたね。
まぁほんとこのガンダムの完成度もこの暑さでの厳しさもピカイチですからねぇ。あれ風通るのかしら?

銀河高原からしばらくはたまに小さいアップダウンもあるものの基本的にゆる〜い登り
その間は何とかだましだまし進めたけども、78km過ぎからの急激な下りではもう全く走れない
踏み出すたびに、くるぶしと踵がヤバイので靴には負担が大きいけども
ほとんど足を上げずにズリズリ靴裏を引きずりながら進む。
寛平さんがアースマラソンでやってたような走り方ですね。この時自分は歩いてますけども。
靴のダメージはものすごく大きくなって擦り減ってしまうけどもまぁイイや。
引きづる分余分に体力奪われるけれども体力くらいならいくらでもくれてやるわ


80km通過 1時間34分 (経過 10時間13分)

下り坂歩いている間いけぴさんがそろそろ来るかと思って
赤い服に替えると聞いていたので赤い服に追い越されるたびに来たか?と思ったけど違った。
歩き続けると非常に長〜い下りも平坦に近くなりそろそろ終わりという頃に少しづつ走りに。
引きづってる走りなら何とかいけそう。
途中のエイドで3つ目のTASS摂取。やっとミント味に慣れてきたかと思うものの
やや水を摂っても気分悪くなるような状態。少し内臓も疲れてきたか。
エイドで補給した後すこし気分が悪くなる感じがあってエイド後しばらく歩くように。
このころになると、くるぶし以外にも色んなところも痛くなってきて
太もも横とか股関節・腹筋・背筋・へそ・脇の下・肩・腕・手のひら・後頭部・耳の付け根・・・
もういろんなとこソコソコ痛い。。。
へそと脇の下はウェアずれが原因でしょうかね。後頭部と耳は日焼けなのかも。
86km関門にかなりの人がリタイヤしてるみたいでテント下で毛布にくるまって寝てました。
その先の私設エイドでコーラ頂いて
きりせんしょも提供して頂いてましたが食べられる状態でなく今回は頂きませんでした。


90km通過 1時間40分半 (経過 11時間53分)

90.2kmがエイドだと思ったら90.7kmでした。
この500mの差が気分的につらい長かったぜ
制限時間が13時間だったころだとこの関門はオーバーだけど今は制限14時間なのでセーフ
去年食べ損なった賢治トマトてのがあるかと思ったけどありませんでした。売り切れだったのかな?
エイドを歩いて出る前に応援のまりこさんに発見される。
その隣にわしもあるモノを発見
いwけwぴwさwんw
後ろから追っかけて来るはずのいけぴさんが真理子さんの車で搬送されてましたドウイウコトヨ〜
結局ここでいけぴさんとえいじさんが両方リタイアしていることを知らされる
追い越されたら背中押して送り出そうと思ってたのにぃ!
えいじさんの初完走にみんなで完走しないと後で盛り上がれないからここまで頑張ってきたのにぃ〜・・・

「わしなんのために痛いの我慢して頑張ってきたのかしら?」

とは言っても今の状態は先に進めないような痛みも出てないので進みますけどね。
なんか鼻先の人参が無くなって惰性で走ってるような状態。
残り10kmで2時間あればなんとか・・・あと2つの登りは走れそうもないけども


はい頑張っていいペースよ!完走出来るよ!」

え?なに!?と思ったらゲストのワイナイナさんが後ろから走って次々声かけながら追い越して行きました。
何人かは一緒に走っていきましたが自分はついていけずズリズリ走りで。
でも自分がやろうと思っていた背中ポンと押して声援をこっちが貰ってしまったので最後まで行くしかないよね。
キツイ500m登りは我慢の歩きで。
残り2kmの地点でHORIZON神沼さんが走り終えて応援していたので少し話を。
かなりこっちがヨレヨレで日本語になっていたのかすら怪しいですが・・・。
最後の300mのぼりも走れず歩きで。
ラスト1kmはなんとかかんとか走って形つけて、やっとこ

13時間28分29秒で一応ゴールできました。

100kmワーストのタイムになってしまいましたが、最後の方はリタイヤするほどの痛みも出なかったので
靴底とタイムすり減らしてゴールまで進んだ感じでしたね。
歩きが多かったので筋肉的な疲れはあまりなく、しばらく休んだら割と歩きなら問題ない状態になりました。

ゴール後のシャワー室の温水がシャワーから出ないのは問題でしたがw
蛇口からは出たので下の蛇口の温水をタオルで体にかけるようにして汗を流しました(流れたの?)

その後の打ち上げではなんだか胃腸が動かないのか
せっかくの生ヱビスビール1杯で気分悪くなって外で風に当たってました

さてこの結果はどこかで生きる日が来るんですかね?
黒歴史として無かったことにした方がいいのかしら?



あれでしょ?リタイヤしなかったのはモッタイナイという貧乏性だからでしょ?」
「大正解だよ!チキショウ!」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
最悪のコンディションでもゴールしちゃうのはさすが。
やっぱりレベルが違いますね。

KOされちゃったけど、計画通りのトライだったのでそれほど落ち込んでません。
また来年チャレンジします(^v^)
いけぴ
2013/06/14 17:53
>いけぴさん
おつかれさまでした。やるだけのことやって納得のいく結果なら後悔は無いよね。
自分は納得のいく結果『3人とも完走して祝杯』がまだ出来てないので
またよろしくね(笑)
自分の結果も今回はいまいちですけどね(´・ω・`)=3
van
2013/06/15 08:44
完走お疲れさまでした!
大変なコンディションの中、キッチリ完走されるのはさすがの一言です。しかし追い込みっぷりがハンパないですね……。
追いつく事は無理ですが、ランナーとして目標にさせていただきます!

P.S
元が取れて良かったですね(笑)
おっさんランナー
2013/06/15 21:19
>おっさんランナーさん
追い込んでたかどうかはよく分かりませんがそれほど後半戦悪化しなかったのがまだ良かったです。ウルトラは弱気になったり止める言い訳がいっぱい気持ちに出て来るけど、気持ちで負けたらそこで終わりですよね。

なんとか取れた南部鉄のメダルは渋くてかっこいいですよ♪
van
2013/06/16 08:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
いわて銀河チャレンジマラソン(20130609) 秋刀魚は鮫になりたくて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる