筑波ドラスタ走行会(20050614)

デジタルに震える

梅雨に入ったばっかりの6月半ば、奇跡的に梅雨の中休みの筑波サーキット走行会。
早朝6時受付が何故か1時間遅れで進行。
受け付け場所も車検場もアナウンスが少なく戸惑った。
コレは分かってて当たり前なのだろうか?

梨塾筑波ラウンドと呼べるほどの塾生の密度が初めての地を走るという緊張を幾分和らげる。
朝3時から起きて進行が遅れた為、1時間まったりとした時が流れると睡魔が襲ってきた。
まぁ今日は体験走行だし、そんなに本気にならなくてもいいよね・・・。
・・・。
・・・。
え?違うんですか?岡弾さん目標1分11秒ってドウイウコトデスカ?
まぁいいや。わしはわしでソレナリに行きます。

走行一回目走行先頭を陣取り塾長を待つ・・・。
Σ(・∀・;)を? あれ?列が違った。2列に整列した逆列が塾長先導だった。
まぁいいです。最初の一回目はコース覚えるためだけの走行と決めてましたから。
なんだか実際にあのレースが行われていた、この筑波に一ヶ月後に走れるだなんてね。
1ヘアのカントが実際走ってみると、あまり感じられないが中に切れ込む感じは、
やはり角度に負けているのだと感じる。
ダンロップアーチの複合コーナーは入り方が分からず脱出に失敗しまくり・・・。
裏ストレートでは何速に入れたか忘れ最終~ホームストレート~1コーナーが滅茶苦茶。
なんだか分からないまま1回目走行終了。
タイムは1分20秒半ば。

2回目走行今度は塾長の後ろに着き安心したのも、つかの間。
先導走行に離されるという事態。焦って追いつこうとするが
コーナー立ち上がりごとに再び離されてしまう。
2回目走行では先導二周のため、ライン覚える暇も無く塾長は去っていってしまった。
とりあえず、ギアがどこに入ってるか考えている暇は無いので2、3速のみ使用として
意識をライン取りに集中させるが、トミンに比べ格段に広い筑波ではコーナー間が広く、
ラインを想像の中で描くことさえままならない。
1ヘアを抜ける際コーナー出口の落ち込みが気になるのと、やけに段差の大きいゼブラに意識を奪われ目線が段々近くなる。
「!」
背後に猛スピードで迫る排気音が迫る。レースではないのであっさりとラインを譲ると
赤い600RRに見慣れたツナギ・・・塾長だった。
追い越しざまにケツを指差す。「?」(KISS MY ASS?)・・・いや、付いて来いってことですね。
って、イキナリ速いですね(汗)2ヘアを抜ける頃にはかなりの差がついていた。
なにくぞー!と裏ストレートで加速するもさっぱり差が縮まらない。
いったい何キロ出てるんだとスピードメーターを見ると190・・・196・・200!
200のデジタル表示が見えた途端、目の前の景色が「ぐにゃり」と溶ける。
やばい!最終コーナーまでの位置関係がまったく分からない!
アクセルを緩め再び景色が戻ってきた時コーナーまで200Mの標識看板がそこにあった。
・・・そう、普通ならまだ加速しているべきポイントで完全にビビってしまった。
(何故だ?以前オーバルテストコースで240km/hまでは確かに出したじゃないか。
200程度のスピードで何故ビビる必要がある?)
自分に問いかけながら最終を回ると既に塾長は1コーナーに差し掛かっていた。

「目線だよ目線!あと、コーナリング伏せすぎ」2回目走行後塾長に言われコーナリングの目線の悪さと、姿勢の悪さについて指摘された。
怖いと思うあまり視線は近くなり、コーナーが曲がれず余計にコーナーを凝視して体も強張ってバイクに張り付いてしまうという悪循環にハマリ込んでしまっていたようだ。

最後になる走行3回目。岡弾氏先頭でその後ろに陣取る。塾長先導でコースイン。
たった1周の先導走行に付いていけない・・・。
3周する頃には岡弾氏との差もずいぶん開いてしまった。直線での伸びがハンパじゃなく違う。
いや、伸びが違うというのは正確ではないだろう。『伸ばしが違う』『開けっぷりが違う』
・・・アクセル開けなけらば話にならない。(大丈夫だ。開けられる・・・。)
そう信じて裏ストレートで加速・・・3速レッドゾーンギリギリまで。4速に上げる余裕はない。
184・・・200・・・192・・・
またしても[200]のデジタルが見えたか見えないかというその時、恐怖心に負けてしまった。

「CBRが蝿に見えた!」
走る前から後悔しているとか、怖いといいつつもキッチリ目標タイム1分11秒をクリアしてきた岡弾氏は非常に満足げにそう語った。
蝿といわれても何も言い返せなかった自分が情けないが、ソレは確かな事実だ。
スピードを求めるサーキットでスピードを怖がっては前に進めない。
1分14秒084
3秒もの差がそこに有る現実。
最初は走れればそれでいいや。と思っていたが、やはりソレでは駄目だった気がする。
自分のキャパシティを[100+α]にしようとするものと、[キャパ以内]で走ろうとするものでは
目指す視線の位置が違う。

なし耐は[+α]の目線で。

この記事へのコメント

岡弾
2005年06月18日 23:40
スピードメーター見る余裕無かったす。アクセルは必死で開けたけど2速の開け具合がまだ足りないかと。3速は姿勢がシッカリしてればまくられることも無いのでガチッと開けて。それだけでしたよ。最終は僕も同じく200mの看板で頭を上げてました。カマ彫られないか心配でした。
梨耐はこの勢いでがんばりましょう!
n-4
2005年06月19日 18:31
おひさしゅーです。僕も8月4日筑波初体験なんですがタイム出すの難しそうですねー。
日記参考になりましたm<。。>m

よかったら8月4日行きませんかー?オートボーイってとこの走行会ですー

この記事へのトラックバック