一応 ハーフ?

ι(´Д`υ)アツィー

今年も夏合宿に参加してきました。

あ。陸上部の話です。

って、いちいち断らなくても分かりますか。そうですか。

今年は箱根駅伝のコースの3区4区5区の好きなパートを走ってみようという企画でした。
他の人は1区間もしくはその半分程度なのですが、
一部の欲張りさん達は2区間連続もしくは3区と5区という形でした。

んで、わしは3区の途中から最後までをチョイス
距離・・・51kmです。参加メンバー中では最長距離欲張り過ぎかしら?

参考コース図→『箱根駅伝3区』、『箱根駅伝4区』、『箱根駅伝5区

いくらゴールが箱根とは言え、平塚辺りは当然灼熱の真夏でした。

3区の途中からと言うのはコースミスの不安があったので
海に出てから国道134~1号をたどればいいのと、3区前半は信号が多そうだったので。なのです。

朝9時ごろ浜須賀で車を降りて一人ぽっち置いて行かれたような形でw スタート。
走り始めから既に暑かったのでかぶり水して。
今回は距離が長い事と暑いため給水も大量に必要になるだろうという事でリュックを背負ってハイドレーションに1.5Lのスポーツドリンクを倍に薄めたものと、かぶり水用の500ml真水を携帯。
これだけですでに水分だけでも2kgも背負っている訳ですが
その他にサプリメント類デジカメに、緊急連絡用のケータイと途中補給の水分や食料分のお金を少し。
手に持つと結構な重さですが背負うとそれほどでも・・・あるなw
しかも背負ってる分背中が放熱性が悪く、暑くなりそうですわん。

走り始め134号の海水浴場沿いでは防風・防砂林の木陰があって日差しが遮られて走りやすい
しかし歩道が急に無くなって道の北側を走らされたりしてι(´Д`υ)アツィー
歩道がまたしても右だったり左だったりしてホントに日本の道路は歩行者に配慮が無いね。
押しボタン式の横断歩道では交通量の多い国道を遮るからという事はわからんでも無いけども
押してから信号が変わるまで軽く3分は待たされるってドウイウコトヨ。
しかも赤信号なのに無理に突っ込んできた車が横断歩道ほぼ封鎖してるってドウイウコトヨ?

約10kmを1時間ほどで、その先2kmほどで4区のスタート花水レストハウスに。
すでに先発組は出発しているという事でコンビニでトイレ借りて自分も出発。
ここからコースは国道1号線にスイッチ。
海から離れた事と国道の1号と言う事で更に暑く感じる。

画像

東海道の松並木沿いは綺麗ですが細かいアップダウンで結構足には厳しめです。
先行の4区ランナーを2人ほど抜かして先に。
(先行組は速い人ではなくハンデスタート組です)

画像

酒匂川の上では涼風が吹いてて気持ちよかったです。

小田原城の手前でかなりの暑さとハイドレーションのドリンクに飽き始めたので自販機でお茶休憩。
その間にあっさり後発組に抜かれる

画像

箱根ターンパイクだ~。と思ったら、今はTOYO TIRES ターンパイクに名前変わってたんですね(遅
ずいぶん箱根もバイクで走りに来てないのがバレバレですね。

その先ざっくり、ひと山越えたら5区スタートの風祭。
自分はココまででだいたい30kmほど。3時間15分でした。
ココからググッと山に入っていきます。
5区スタート時間にはちょっと早かったので、まだみんなスタート準備してましたが
自分は若干の補給してすぐにスタート。
画像

風祭駅過ぎて箱根に入るとすぐに道は登り基調に。
3kmほどで
画像

箱根湯本駅です。最近駅がリニューアルされた事と夏休みで結構な賑わいです。
タクシー会社の人が洗車のためかホースで水撒いていたのでちょっとお借りさせて頂いてかぶり水。
冷たくて気持ちよかったです。
観光地で人も多く走れないべな~。歩いてこのアーケードは抜けるか~。
と思っていたら5区スタート組がガシガシ走って行きました。。。チョットソレモドウカトオモウヨ。。。
ちょっと気持ちが切れたのでコーラ買って脇道の日陰に座って休憩。
さてゲフゥ。再すたーゲフゥーと。
画像

画像

湯本の街中過ぎると昭和の香りが残る橋や洞門などを観光気分で通って行きます。
ここいらの道は狭くて細かくグネグネしてますが趣のある温泉宿が続いて観光気分で登って行きます。

・・・が、角度が徐々についてきたりしまして大平台に入る頃には歩きが増えてきます。
画像

大平台のヘアピンカーブは箱根駅伝のTV中継でもよく映るポイントですが思ってた以上の急角度でした。
(@_@;)ホントに箱根駅伝走る人たちは化け物ですわ~。
歩いたり走ったりしながら行きますが、ちょっと先の登山鉄道大平台駅あたりで
ふくらはぎがピクピク痙攣し始めて走るとバチーンと攣りそうだったのでふくらはぎピクピクしたまま小涌谷手前まで結構な距離を歩きました。
ハイドレーションからの給水を節約してチョビチョビ小まめに飲んではいたんですが、予想以上の暑さで水分が足りていなかったのかもしれません。自販機で麦茶買ってグビグビ飲みながらじっと我慢の歩き。
塩熱サプリもポポイッとスナック感覚でついでに摂っときます。
気温は標高が上がるとともに、やや下がっては来てますけどもそれでも28℃くらい。
あまり風も通らないのでなかなか涼しさが実感できませんねえ。

宮の下の富士屋ホテル周辺の観光客の多いゾーンを抜けるとしばらく上り坂はきつく野辺山の馬越え峠レベルで走る気そのものが出てきません。
えっちらおっちら歩いて登っていくと小涌谷手前に先発隊の車が待っていて、歩いてるのがバレタ
大きく腕でバッテンマークで『駄目か?』と聞かれたので
「まだ時間はあるのでもう少し歩いて回復待ちます!」
と返事して進みました。予想距離は残り16~18km位。残り時間は2時間半強。
全部歩きでは無理だけども回復すれば十分いける時間。まだまだ簡単にはあきらめられません。

道路わきの小さな滝や、昔の道路銭徴収所跡などを観光気分で気分を紛らせてユネッサン手前あたりでやっとゆっくり走りだせました。
画像

このあたりのガードレールは木が貼り付けてあったりして周りとの環境的に溶け込み素敵です。
やや上り坂も急すぎるというトコロが少なくなってきてだいぶ劣化してきてはいるものの走って登れるようになって来ました。
自転車で一生懸命登っていた方と少し話などしたりしつつ、
画像

いやっぽー!最高地点到着~!
ココからは芦ノ湖に向かって下りですので残り時間的には何とかなりそうです。
気温も24度の表示を見てやっと涼しく感じてきました。
アミノバイタルゼリーをチューチュー補給してたらあっさりさっきの自転車に抜かれたw
下りはやっぱり車輪付きが速いのね~♪

つづら折れを下って遠くに見えた芦ノ湖も下り坂と言う事であっという間に湖畔に。
そして少し先の
画像

箱根駅伝ゴール地点に到着。

当然びりっケツでしたお待たせしました。
一応制限時間16時と言う事で、15時45分ごろ到着。
51kmを6時間45分でした。

箱根駅伝コースを走って思った事。

箱根駅伝の特に山の中5区を走る人たちは化け物だ!

5区の部分は自分は大体3時間かかりました・・・。





あ。翌日金時山に登りました。
金時氷美味しかったです。
画像


下りは若干トレイルランでしたよ。





あ。更にその翌日献血しました。
全然問題なく採血出来ましたよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

いけぴ
2010年08月31日 21:21
道マラよりよっぽどハードなことしてますね

箱根の5区はそんなに凄いですか、柏原君ってやっぱり神童?
van
2010年09月02日 12:51
柏原竜二さんは名前から山の竜神と呼ばれてましたね。
箱根駅伝とか高校野球の甲子園とか魔物がいっぱいいるようです。
まぁ、日本一の走りと比較するのがそもそも間違いですけども、
柏原さんが、あの五区で坂道を抜き去るランナーの顔色を覗き込みながら走るトコロなんかは凄かったです。

一応今回の長距離走は佐渡に向けての練習という意味合いが強かったのでタイム的には大したこと無かったですけどもナカナカの収穫でした。