さくら道ウルトラ遠足(20110430-0502) 白鳥の公式エイドまで

第2チェックポイント通過

画像

64.7km地点の第2チェックポイント美濃市役所前を16時ごろ(9時間経過)で通過。
この辺りやや登り坂ではあるのの走れない登りではなく、よっこらよっこら登っていく感じ。

66km地点に新しめの道の駅があったので飲みもの買っておこうかと思ったけど、
ごみ箱が無く今手持ちのボトル捨てるところが無かったのでトイレだけ借りて出発。
すこしづつ夕方が近づいた事と、雨が降ったりやんだりで気温は13℃ほどまで落ちてきたので
寒さと雨対策で薄手のモンベルウルトラライトのカッパは着たまま走行することに。

画像

途中季節がら鯉のぼりが割合大きな川幅いっぱいに渡してるところを眺めたりしつつ。
風に吹かれて気持ちよさげに泳いでましたよ

夕方17時越えて日が暮れる前にコンビニで軽くサンドイッチなど食べておきました。
この時それほどまだ雨も強くなく寒くは感じていませんでしたが
日が暮れてから着替えるのも面倒なのでここで上下ウィンドブレーカーを着て、
一応靴下もチェックしておいたら親指の爪先に穴が開いていたのでボールダ―スポーツ塗って靴下を交換。
一応洗っただけの新品持ってきたんだけど80kmも持たずに穴が開くとは。。。
今回は用心して交換用靴下は3足持ってきてますが、足りるかな?
暗くなる前にヘッドライトとハンドライト準備したらほどなくして割合暗くなってきた。
リュックに着けた赤点滅灯も点けていきます。

徐々に道は登り坂が増えてきて急な所は歩くようにしました。
とは言ってもまだ急な所は少なく短いのでそれほど歩いてるわけではないですよ。
所々明りのあるところで地図チェックしつつ夜間になると距離進まない感覚がしながら
画像

国道156号から駅方面に一度外れて、94km過ぎ地点の郡上八幡駅前に20時50分ごろ(13時間50分)到着。
駅の待合所で軽く一休みして出発。

夜間はどうしてもテンションが上がらないのと小雨と水たまりで景色もあまり見れず淡々と走ってしまいますね。
中間休憩地点までの目安になる日本土鈴館への距離看板が減らない事にややイライラしつつそれでも淡々と歩を進めて
一度休憩所横を通過して短い折り返しコースとなる丘の上に歩いて1kmほどえっちらおっちら登ります。
画像

生涯名金線沿いに桜を植え続けた佐藤良二さんの顕彰碑です。
夜遅い事と小雨+霧モヤが出ててまともに写真撮れませんでした
114.9km地点。日付変わって、5月1日午前0時25分到着です(17時間25分)
顕彰碑からの下りは飛ばさないようにゆっくり目にトコトコ走って、
この大会唯一の公式エイド民宿さとうに。
画像

ここでお椀サイズのカレーうどんとカレーライス、バナナ・チョコ・パンなど食べて栄養補給。
胃は全く元気で、カレーとても美味しかったです
外のテント下だった事も有り少し冷えたのでストーブに当たりつつ、お股にボールダースポーツ塗り直し。
ホントはココでお風呂借りて仮眠も出来ますが、自分にはその時間が足りなそうなのでストーブに当たっても暖まらない身体のまま出発。

つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

塾長
2011年05月09日 10:18
ね………寝ないんですかマサカ………!?
van
2011年05月13日 09:21
こ・この時は寝ないで行けると思ってました