小江戸大江戸203km(20140301-2) 後半編

夜間走の大江戸コースに入ります

21時前には出発してまたしばらくは小森さんと一緒させていただきながら進みます。
100km地点辺りの私設エイドさんで給水あざーっす!
ここで腕時計チェックしてみたら100%充電状態だったので、
ちょうど切りもいいしココからGPS記録も再スタートで進みます。
しばらく行くと雨も一時的に止んで暑くなるほどだったので上着脱いだり。

その後少し行ったところでなぜか急に胃のあたりが気持ちが悪くなって胃腸薬投下
なんだかさっきからゲップがよく出るのでそのせいもあるのかも。
胃液が多すぎる状態なのかしら?こういう時にガスター10とか飲んどけば治るのかしら?
とか考えつつも持っていた御嶽百草丸でしばらく様子見。
その後気持ち悪いのにお腹が空くという訳のわからない状態に、ジェルを投入してさらに様子見。

英インターのトンネルも前の大江戸ランナーさんが間違えそうになったのを誘導して通過。
途中イカレポンチ研究所のいちごちゃん軍団にもあっという間に抜かれつつ、
しばらくしてまた小森さんに追いつき、自分の胃の具合も落ち着いたようなので
なか卯(成増店)さんでご飯にしましょっと
画像

大江戸コースではスポンサーなか卯さんのご厚意により500円分×2回まで食べられます。
(超えた分は自腹で足せばいい)
ここではランナーがかなり一気に入ったのでお店の中が店員さん的にパニック状態
ちょっと手が足りない状態でしたが逆に休めるからいいかっと軽く寝ることに。
お腹の具合と唐子でうどん食べられなかったのでここでおうどんにしました。

お腹もいい具合で、軽くだけど寝れた分すっきりして再出発。
しばらく行くと本気の雨となり耐えながら進む感じ。
ただ淡々と都心の熊野町交差点を目指します。
歩道も広く照明も明るいのでさほど陰鬱にはならないのが救いですかね。

都庁近くの成願寺エイド 127.8km に朝3時55分(19時間55分)でやっとこ到着。
ここで去年より1時間近く遅れてますが、なか卯さんで時間摂ったのと自分の気分の悪さもあったのかな。
とりあえずトイレに直行寒かったんで、ちっこたくさん出た。
エイドはお寺の地下で暖房も効いてて暖かく入ったとたんメガネが曇って見えない
エイドボランティアさんにティッシュを分けて頂いてKSOKの位置もやっと見えた
胃の調子を戻せればと思い温かいスープを2杯頂いてすこし長めに休憩。
暖房は利いているのは分かるのだが雨に濡れた体がなかなか温まらないけど
温まりすぎると再スタートが腰重くなるのでほどほどのところで出発することにしました。

雨でメガネに水滴がついて交差点名が見えにくいけど清水橋交差点を都庁方面に
画像

フラッシュも使い忘れてたんで何が写ってるかわからないねーw
大通り(山手通り?)に再び戻って富ヶ谷から原宿方面に。
去年は思いっきり間違えた原宿駅前を細かい横断歩道抜けて直進
表参道の交差点までちゃんと抜けれて表参道・青山三丁目・西麻布交差点も難なくクリア
いやー道知ってると楽ですわ~。無駄な迷子になるキョドキョド感が無くて心理的な余裕がいい。
六本木ヒルズ近くの軒先で私設エイドさんがいて寒いなかで温かいものをありがとうございました。

画像

2番目の撮影チェックポイントでグランドハイアット前の石碑をチャチャっと撮影して先に。
明け方の寒さが出てきて少しでも停まるともう寒い
雨がかなり小ぶりで少しづつ服も濡れ感が無くなりつつあるけどそれでもまだまだ寒くて寒くて

赤羽橋交差点前の少しわかりにくい交差点を先導し東京タワーに向かう。
画像

画像

東京タワー下の南極観測隊犬の石碑は国立に移転したとかで
今回からはタワーキャラのノッポン兄弟が第3撮影チェックポイントになってます。
その先の公衆トイレで小用済ませて芝公園3丁目から皇居方面に。
皇居に着くころにはもうすっかり朝で明るさからかなり去年との遅れを感じる。

皇居北のこしあす接骨院エイド 142.8km に7時07分到着(23時間07分)
去年の1時間05分遅れ。
到着するとまたメガネが曇って見えな~い
やっと見えると「vanさ~ん」と呼ぶ声がして・・・・えっと、?だれ??

・・
・・・・
え・え・・・・えええええ?????

なんで中川さんがここにいるの!?!?
中川さんは去年のこの大会5位でスパルタスロンも完走した超実力者!
(アテネではホテルで同室でした)
まさかこの時間にここにいる訳が無いと思っていたので顔見ても本人であるとしばらく認識できませんでしたよ
中川さんは足が動かなくなってここで2時間以上寝ていたそうです。。。
ここで小森さんと大谷さんも一緒になってしばらく休んだのち
ねぇどこで止める?東京駅のなか卯で食べて終わる?」
 「でも今やめると川越に電車で帰っても健康ランドの清掃時間で風呂入れないよ
「んじゃ、浅草越えて御徒町?浅草から地下鉄のがいいのか?」
   「駒込のなか卯で食べて駒込から電車とかは?」
 「赤羽からのがよくね?」
「臭い体で1人で電車乗りたくないよ~」
  「赤羽まで行ったら残りそんなになくね?」
「・・・どうする?」

「「とりあえず行くべ?」」

って事で出発。
みんな雨と寒さにやられて止める言い訳が欲しいのですが
逆にみんな一緒だとやめるとなかなか言い出せず。
やめたい気持ちはあるものの本当に止めなければならないほど酷い状態でもなく。
止めたい気持ちよりも汗と雨に濡れた臭い体で電車に乗るほうが実はハードルが高いという状態で進みました。
皇居半蔵門近くの公衆トイレで小用済ませて皇居走ってる小学生ランナーに軽々抜かれつつ日比谷方面に。
東京駅通過してココのなか卯もスルー
あれ?やめないんだ?」
なんて声かけながら日本橋・浅草橋・両国橋と渡って両国国技館脇の旧安田庭園脇の道を抜け
スカイツリー方面に。スカイツリーの上の方は雲に隠れたり出たりしながら
画像

スカイツリーそばの春慶寺エイド 155.8km に9時37分(25時間37分)
去年とはエイドの場所は違うけど1時間半ほど遅れてますね。
ここで頂いたスープが非常においしくおかわりも頂いてしっかり補給。
トイレも借りれてお尻も軽くなった
スカイツリー脇通るときにオールスポーツさんかな?の撮影があったけどスカイツリーも入った画になってるのかな?

言問橋手前の交差点に
画像

ペットで飼っているブタさんを散歩させてる人がいたので撮影させていただきましたかわええ
流石にペットで飼ってるんできれいでほんのりピンクがかわいいですね
カメラが雨で曇ってうまく写ってないのが残念ですけども(´・ω・`)

第4撮影チェックポイントの浅草寺を
画像

中川さん「足に煙りかけたら治ったよ!」
わし「まじっすか!」
トップランナーなのにこの位置でも腐らず楽しんでるというのもすごいことですね見習いたいです。
ワシは少しダメになると途端に陰に陰に落ち込んでズルズルと落ち込んで行ってしまいますのでね。

浅草~御徒町周辺は出来れば人が多くなる前に抜けたかったけども
思いっきり人出が多い時間に通過することになってしまい、所々チマチマ歩きに。
湯島の登りの時に少しまた雨が。。。

本郷3丁目から東大脇の道に。
途中道路工事のオッチャンに声援貰ったりしてちょっとテンションあげ。
駒込駅手前のなか卯で2回目のお食事(165km地点くらい)
画像

親子丼ミニとはいからうどんミニ。390円+180円で570円となって70円追加で頂きました。
やっぱ親子丼美味しいです!
ココで中川さんが何度か電話。
そういえば午後から用事があるから日曜午前中にゴールしないといけないと言ってたけども。。。
さてもう昼ですが電話つながらず、またあとで掛け直すということで取り合えず先に進むことに。
外に出るとまた店内で暖まった分ぷるぷる寒い。

ココからコースは分かりにくいほどではないが何度か交差点を曲がり
西ヶ原・音無橋から王子駅・宮掘陸橋・馬坂歩道橋と抜けて赤羽方面に。
赤羽のトンネル脇の階段を初参加の人に間違えやすいポイントなんだよーとか教えつつ北赤羽方面に。

北赤羽辺りまで来て気が付いたら小森さんの他はついてきてないことに気が付きました。
あれ?他のランナーさんと集団になってたから大谷さんや中川さんとかいなくなってるのに気が付かなかった。
中川さんは連絡ついて結局レース離脱したのかな?
大谷さんは・・・またトイレかな??

ま、先に進みましょっと。
北赤羽超えたあたりで前に走ったり歩いたりしてた大江戸コースランナーさんが見えた。
残り距離30km切ったくらいですが大江戸コースの制限時間は残り3時間半ほど。
かなり頑張れば間に合わないことも無くは無いけどかなりの努力は必要になってくる時間。
走っているときの足の運びはまだ生きているようだけども歩きの頻度が多く、あれでは間に合わない。
浮間舟渡駅の手前のY字路で迷っていたので正しい道を後ろから示すと走って行った。
少し先の応援隊とそのランナーさんが話している間に自分は先行する形に。
自分は少し小用済ませたかったので横断歩道渡って駅前公園のトイレにイコっと。。。

トイレ済ますとこっち側の歩道にさっきのランナーさんが着いてきていた。
あちゃーごめんね。さっき道示して先行して道を渡ったらこっち渡らないといけないと思っちゃうよね~。
しばらくその方と話しながら「大江戸制限の17時に間に合わせるの?」
「無理だと思いますけど、フルコース制限の20時までは走ってていいと思うのでこのまま行きます。」
色々話を聞くと走歴はそれほど豊富ではなく、
これが初めての100km越えで当然初めてのオーバーナイトランとかやるね!
話ながら走っていたらあっという間に高島平の市街地に。
その方はコース最後のなか卯でちゃんとエネルギーチャージして最後の25kmを頑張るということでここで分かれる。
自分はすでに2回頂いているのでそのまま先に。

笹目橋手前から再び荒川河川敷の何もない堤防土手コースに。
雨もアリ、土手に入ってから風も強まり人も少なくなってきてさみしい。
土手上を走っている人もいるけど土手の下の方がわずかながら風も弱まって少しは楽だと思われる。
画像


雨も少し強まり冷たい。都心コースから突然全放り出されたような、
急に人気も無くなり、ずっと先が見えてしまうコースは心理的にナカナカしんどい
ついつい歩いてしまうものの歩けばすぐに寒くなって、歩くことでの恩恵は何もない。ので走る。
途中寒い中で私設エイドさんがあり、飲み物とチョコさらにOSー1ミニボトルもそのまま持ってってということでありがたく頂きました
この土手コース自体は10km程度ですが走りも劣化していることもあり実際以上に相当長く感じながら

やっとこ最終エイド羽根倉橋エイド 189.4km地点 に15時50分(31時間50分)到着
去年の17分遅れ。
去年は都心でかなり観光してたことと土手ですでにほとんど走れなかったのでココで数字上かなり詰めてきました。
エイドは簡易テントを囲ったものですが暖房もあり暖かい。
カレーうどんを頂き、持ち物の中で残っていたサプリメントも摂っておく。
かなり寒さが感じられるので着れるものは全部着た。
手袋の上にもポリエチレンの使い捨てカバー手袋を重ねる。
ライト類も装備して、このコース最後の精神修行コースど直線のバイパス道10kmへと向かう。
非常に寒く、雨が本降りでないのだけが救い。
小雨程度なら重ねたウィンドブレーカーも通さず雨を顔とメガネ以外では感じない。
画像

ゴールが市役所からそう離れていないので道に立っている川越市までの距離とゴールまでの距離はほぼ同じ。
最初の3つ目くらいまでは割と早く着くのだがそれ以降が全然現れなく思える。
距離感が合わない。1kmがだんだん伸びてくる。
小仙波のK’s電気の看板はまだか。
既に周りは暗くライトの電池も少し弱めで心もとない。
スタート前は2回目のライトは使わずゴールする33時間を目標にと軽口を叩いていたが
まぁちゃんと練習してなきゃそれは無理だよね。
小仙波の交差点に向かう脇道の入り口位置も分からずドコだココか?あそこか?これも違うのか?とかしつつ
何とか小仙波交差点に。
今日何度も移動応援してくれてた方々にお礼を言って高架下で雨宿りしつつ信号待ち。
残りは3kmも無い。
最後にもう一度ドリンクを・・・ホットレモンティー・・・。
胸のホルダーに入れたホットドリンクが着ている服数枚越しでも温かみを感じられる。
後は最後の交差点までまっすぐ行けばいいだけ。
観光客の小走りにも置いていかれるけど一応走っては居る。
連雀町交差点で誘導して頂いて

ゴール川越蓮馨寺 203.3km 18時35分 (34時間35分
    (KSOKでのネットタイム34時間25分44秒)


なんとか完走で終われました。去年より9分遅れ。KSOKでのスタートロス引くと去年より1分速いゴールになりました。

実際練習不足で200kmなんて無理だろうと思ってましたが、
最初は大勢の知った顔に合ってテンションあげて、
途中からは今年も小森さんと一緒に走ってもらえたことで引っ張ってもらって、
更に合流した大谷さんや、意外な感じで合流した中川さんにリタイヤから救ってもらって、
救われっぱなしでここまで来た感じがします。

一人だったらまず無理でしょう。多分小江戸もクリアできてないかも。
みんな強くて優しくて厳しさも楽しんで全くめげない人ばかりで。。。
素敵な仲間が集まるウルトラってやっぱりいいなって思える2日間でした。

ウルトラは普通のフルマラソンより仲間的な意識が強いけど
小江戸大江戸は更にもっと色々なんだかんだいい感じです。
とんでもない人たちがとんでもない距離をとんでもなく楽しむ。

この大会はなんかすごくイイぞ!

[2014小江戸大江戸編終了です]

この記事へのコメント

kyoshida
2014年03月09日 18:04
お久しぶりです。

今年はRUNNETに載ってからと思っていたら、その前に定員になってしまいエントリー出来ませんでした。今年もチャレンジ&完走されたんですね。

天候が悪かったので選手は皆さん大変だったと思います。お疲れ様でした!
van
2014年03月09日 20:13
>kyoshidaさん
RUNNETも手数料高くなってから各自で受付している団体が増えた気がします。便利さの手数料としては少し高くなりすぎですよね。今年の小江戸大江戸は運悪く冷たい雨で完走率は低めでしたがみんな楽しんでたよ。大変さも、過ぎちゃえば楽しさを彩る一つのエピソードかな。
おっさんランナー
2014年03月09日 21:25
本当に二年連続完走、素晴らしいのひとこと。雨のなかの偉業お疲れさまでした! 

そして最後の一文、完全同意です。僕もこの大会、メチャクチャハマりそうです。来年は大江戸コースチャレンジします。また蓮馨寺でお会いしましょう!
van
2014年03月10日 11:58
>おっさんランナーさん
完走率が出てました。
小江戸大江戸コース   47%
小江戸コース      73%
大江戸ナイトランコース 69%
だそうです。だいぶ低かったですね。
大江戸コースはコースを覚えるか知ってる人について行かないとまず間違えるようにできてますので思う存分迷子になってください(笑)大江戸コースの罠はフルコースの人について行くと終了制限時間が3時間違うので、最後の時間計算が合わないなんて事もあるかも。てかもう来年の話なんスかw
さりー
2014年04月23日 08:25
わーい!vanさんのブログにやっと行き着きました^ ^
さりーです。
私も来年はウルトラデビューしたいと思っています。
どんな地獄が待っているのか?
やはり一度死に目を見てみたいと(笑)
色々勉強させてください^ ^
van
2014年04月28日 11:17
さりーさんこんにちは。ウルトラってのは、やる前にはフルの苦しさの何杯だろうという場面だけ想像しがちですが実際には追い込むような走りしない限り制限時間に余裕があれば楽しいほうが数倍多いですよ。ちなみに自分はフルやハーフの方がきつい感じがしますね。自分の走ったウルトラの大会も長々このブログに書いてありますので時間のある時にでも読んでみてくださいませ