テーマ:梨本塾

梨本塾(20050918)

言い訳ばかりの下衆野郎 そりゃ誰だって限界に挑戦するのは怖いさ。 既に舗装された道さえ歩いていれば楽だし安全だけど、未知の世界には踏み込めやしない。 自分のレベルなんて一般限界より相当低いのに出来ない理由ばかり探してどうする? 走行一回目流し走行も終わり、そろそろペース上げていこうかとP-LAP確認。 30”xxx ・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

なし耐(20050717本戦編)

同タイムなのでじゃんけんの結果第一ライダー決定。 規定により第一ライダーはタイムが速いほうが走る為レベルは若干こっちのが高い。 それが今の自分にはプレッシャーでしかない。 スタート前フリー走行で何か掴めるかと思ったが、何も状態は変わらず本戦の時間。 理解出来ないレンスポを疑うよりも多少時間犠牲にしても信じていくしかない…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

なし耐(20050717予選タイムアタック編)

弾打ちVanVan 2nd season 目標は去年の自分たちを超えること。 去年の走行周回数は158周だった。今年の目標は164周。必要な平均ラップタイムは29秒2。 当然実際の走行では28秒4~6辺りを連発しなければ話にならない。 かなり過酷な課題に本番用ののタイヤチョイスに悩んだ。 今までの中で一番好感触のBT-0…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

梨本塾(20050605午後編)

雨後の竹 自分も成長した。でも回りも一斉に成長していた。 速くなればポジションは自動的に上がるものだと思っていたのだが相対的には今まで通り。 今回はレベルが非常に高い。気を抜いたら一瞬でAクラスから転落してしまう。 何故だかそういう緊張感は今回に限って心地よかった。 特にcatty氏は1回目走行時「30秒切れないよ~」…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

梨本塾(20050605午前中編)

この上昇気流に乗れ! 前日までの天気予報を覆すほどの天気となった参加者最大級の塾。 参加者の気合か雨雲は消え去り既に7月のような暑さ。 雨雲を吹き飛ばした気流と共に「ふけ上がれ」るのか。 わしは前回のタイム更新が嘘・まぐれではなかったことを確認する為、 そしてなし耐ペアの岡弾氏との釣り合いを取るため28秒半は出せるという自…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

梨本塾(20050227午後編)

「掛け違えたボタンとデタミネーション」 昼休みに朝から気になっていたKENK'Zのトラックから降ろされていた白いマシンに乗り塾長が走り始めたが、何故だかあまり速く感じないまま周回は進む。 Van「まだあまり速くないね。」 岡弾氏「!?めちゃめちゃ速いじゃん!」 あれ?そうなのか?と思いタイム計測26~25入り口辺り。「・・・…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

梨本塾(20050227午前中編)

「砂漠を泳ぐ目の濁った秋刀魚は」 梨塾一週間前エントリーリスト発表。まぁAクラス前半はこの際おいといて・・・。 むむむ。ヒデキチ氏と並んでる。X11では全く歯が立たなかったが わしも少しは成長したし、もうそろそろ良いセン行くんではないかと思ってみたり。 でも、わしはタイムが良くなってもレースセンスはまだまだ無いのでソコがヒデ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

梨本塾(20041226 午後編)

上手く行った事。行かなかった事。 午後の走行。気温は北風が吹いている為あまり上がっていないので無理は禁物。 最終入り口のラインを、どう抜けましょう? 最終手前の左側ゼブラ側にタイヤ二本分くらいの隙間があるので、ここを通り 石灰ライン上は丁寧に通過して立ち上がり少しに遅らせていくしかないかな。 午前Cクラスの人達もそのコース…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

梨本塾(20041226 午前中編)

12月は今までに無く練習してきた。残念ながらマダ勝つ為ではなく慣れる為に。 前回の走行ではタイヤが滑り始めコントロールが難しくなったので OEMタイヤに早めに見切りを付け新品タイヤ装着~。 ディアブロコルサ(H)からディアブロコルサに変更。 変わってないじゃん!と言われそうだが(H)は無印ディアブロ(コルサの下モデル)よりグ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Zeroから(梨本塾20041128午前中編)

♪Zeroから そうよもう一度やり直すのよ♪ 加藤いづみさんのZeroという歌詞がその日の朝から頭の中でぐるぐる回っていた。 今までの走り方は参考にしかならない。 「とりあえず30秒台に入ったら走り方教えるから。」 塾長に言われ一回目走行スタート。割合早めに30”8は出たが、まだもう少し詰められそうなので そのまま周回。徐…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more