CBRサーキットチャレンジ(20050507)

午前三時目覚まし時計「を」起こす。

どうもこういう時は目覚まし時計よりも早く起きてしまいますな。
しかし外を見るまでも無くコンクリを叩く雨音は非常な現実を突きつける。
天気予報では午後良くなるようなのでソコに期待しましょう。
前日までに準備は整えておいたのでゆっくりしてから4時過ぎ出発。
雨のせいで肌寒くとりあえずインナーウェアも夏・冬両方持っていく事にした。
流石に早朝では走る車も少なく、ツインリンクもてぎまで2時間チョットで到着。快適。
1時間くらい余裕あったので少し仮眠。トランポの幸せ。

motoさん登場。雨でばっくれようかと思ったとかいいつつも二人とも午後に期待している。
小雨は相変わらずだが、しぶしぶバイクを降ろしチェーンオイル塗って空気圧調整。
タイヤは前回交換済み(BT-002)だし、ワイヤリングもしてもらったので
車検はツナギ・メット・グローブのみ。あっという間に終了。

ブリーフィングで1時間ほど旗や講師の説明などを受ける。
しかし講師陣が豪華だ。逆に緊張しちゃいそうですな。
わしはDクラス。講師は山口辰也さんです。
下から2番目・初級者クラス?・・・あい。申込書の書き方が良く分かっていませんでした。

南コースに行くために準備していると954に乗ってツーリングスタイルの親父さん登場。
ん~・・・どっかで見たことのある・・・あ!?馬場さんじゃ?(954までの生みの親)
あまりにも雑誌で見た感じと違って柔和な雰囲気なので確信持てなかった。

さて雨の中中央パドックから南コースへ移動。
やはりリアタイヤの接地感が全くありません。
まるで学生のころ雪の中を原付で走った時のような、鏡に石鹸水の摩擦感。
南コースは、だだっ広い駐車場に白線敷いてパイロン立てただけの簡易コース。
しかし雨の中BT-002では超難易度の高いミラーバーンコース。
鋭角な右コーナーでは体が更に良くない方向に強張る。回れない。。。
ああ。。。目線だ。というか視界だ。
怖いと思いすぎてコーナーのパイロンを知らず知らずのうちに凝視していた。
ソレが分かってからは徐々に安定してきたが、タイヤはあまり温まらない。
ピットイン・アウトの練習をして南コース終了。本コースまでの帰り道の排水溝の鉄板が怖い。

本コース走行一回目。雨はかなり上がっているが、コース上は完全ウェット。
ゆっくり走行しながら走行ラインを先導付きで体で覚える走行法だ。(追い越し禁止)
しかしほぼ最後尾からスタートしたので前の人を見ていても既にラインは崩れており微妙。
一周ごとに先頭の生徒は最後尾に回り全員が講師の後ろで走れるシステムだが人数多すぎるのと
路面状態が良くないので低速走行のため一回目走行では先頭で走れなかった。

昼休みは折り詰め弁当を、それぞれのクラスの講師と話しながら食べる。
山口辰也さんの秋ヶ瀬サーキットのころの話とか聞いたり、必要な筋力の話とか・・・。
徐々にバイクが有った方が話が早いとのことで、休憩時間の残り15分ほど
外脚加重の入力方法について詳しく教わった。
わしは今まで外足のホールドが弱くコーナリングが不安定になっていたが、
教わった方法ではかなり安定感が得られそうだ・・・が・・・脚の負担が凄い。
いかに自分が今までサボった乗りかたしていたかが判明。
あ!そうか、岡弾氏のブーツ底が異常なまでの減り方していたのはコレか~。
ココに来てやっとちゃんとした乗り方が分かったような気がした。
と同時に岡弾氏の研究熱心さにビックリですよ。

さて午後の走行。天気も回復してきて路面もほぼ乾き気味。
しかし本当にすべるのは、こういうハーフドライな状態なので気をつけて走行開始。
4~5コーナーの間の路面継ぎ目と2ndアンダーブリッジ後の複合コーナー辺り以外はドライだ。
ほんの少しずつペースが上がるがストレートでも200km/hまでは出ない。
まぁ、さっき教わったばっかりの外脚加重するには丁度いいペースです。
考えながらコーナリングするのって結構難しい。思わず外脚と中を間違えて入力したりして(笑)
少しずつ分かって来てからは安定感が増して、バンク角を出さなくても回れるような感覚に思えた。
上半身の力が抜けるのでセルフステアが殺されないようになったってことかな?
ブレーキの仕方も昼休み教わったように変えて見たら若干コーナーまでに余裕が出た。
トミンみたいな狭いコースで生かせるかは微妙だがリアの安定感が出るのでモノにしたい。

最初、Dクラスは速度低すぎて、面白くないかと思ったが結果的に自分には最高のクラスであった。
自分の弱点を直す為のヒントがこの一日で3つも拾えたんだから。
実際Aクラスの走行では600では辛いくらいの速度域だったらしい。
その速度域も魅力的ではあったが、
多分ソコに編入しては、わしはこれほど充実した一日にはならなかったと思う。

さて、教わったこと生かすべく練習練習。
BT-002は一日走行後かなり減っておりトミンでは4回ほどが限界かと思う。

ん~。なし耐までは持たないね。。。

この記事へのコメント

2005年05月12日 00:24
オイラのブーツはどっちかって言うと内足で荷重がかかる部分が異常にえぐれてます。言われた後で考えてみたんだけどね。つまり・・・間違ってるみたい。まぁバイクって難しいです。
kosuko
2005年05月12日 01:44
その外脚なんとやらとかいうの今度教えてくれら。
YAMA@CBR1000RR
2005年05月12日 07:43
おお、課題もたれて練習されてたんですね。

私はひたすらシフト操作の練習してました。結局最後まで思うように出来ず、引き続き課題になりました。ブレーキしながらアクセル煽ってシフトダウンできません(^^;

とりあえず、ばらして練習したいと思います。
またトミンで練習だぁ~
2005年05月12日 22:07
>岡弾氏
(´-ω-`;)あ。あれ?そうなん。まぁ内足も重要だし間違っては居ないんじゃないかな。多分。
>kosukoさん
足痙攣しますよ(微笑)
>YAMAさん
ん~。わしもソレ出来ませ~ん。
Hiro
2005年05月17日 12:29
当日はどうもでした。青600の者です。

クラスは5つあったんですけど、分け方はよくわかりませんでした。
申込書のレベルを書くところでは、真ん中のStep 2にしておいたけどAクラスに入れられたので。
上級のStep 3で申し込んだ人が皆無だったのか、
申し込んだ順番にAからだったのか、
という感じがしました。

6月は、またよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック