小江戸大江戸204km(20190223)

余裕はないけど焦りもない

去年は、あっさり小江戸91kmのみでリタイヤしてしまった。
その時は体調がよく分からないけどあまり良くなく大江戸コースに足を続ける意思も無かった
その前の年はエントリー自体しなかったので、優先エントリーするには
過去三年以内の完走記録が要るため今回完走しないと次回の優先権が消失してしまう

かと言って自己記録を更新するほどの練習も積めてないので目指すは時間内完走のみ。
204kmを36時間は他の大会に比べれば時間的余裕はある方だけども都内の信号も多く
実は遅い選手ほど都内で人ごみの中を通る時間が増えるためより厳しくなる。

1週間前の天気予報では雨の予報もあったけど、
当日の現地は雨は無く、土日ともに天気は良くなった
当日受付を済ませると知り合った人たちに挨拶してほのぼの
なんというか今からレースするというより、ちょっと遊びに行く感覚。
スキーに行く前に高速のSAでだべってる感覚に近いかなw

なんやかんやで朝8時スタート。スタートはセンサータッチ式の時差スタートなので焦らずのんびりスタート。
6分くらい後にスタートゲート下でタッチしてさて始めますよっと
小江戸川越の綺麗なメインストリートを通ってしばらくは歩道も狭いのでみんなで固まってのんびりと進みます。
10kmほど行くと北風が強くなりコースはしばらく北に向かうので、ずっと向かい風
画像

今回以前にも強烈な風の吹いた時もあるこのコースですが、以前は桜の枝が風で折れたり選手の地図が吹っ飛ばされたり帽子が飛んだりしてましたが、今回は風が結構キツイとは言え、その時ほどでもなくまだ耐えられる程度。
画像

荒川堰堤内の遠くのグラウンドでは風が砂を舞い上げてえらいことになってました
このころには風がきついときには少し歩いて休んでは走ってを繰り返して体力を温存。
そういえば以前は風が強すぎて前むいて水飲めず後ろ向いて風を避けないと水も飲めなかったな
その時に比べれば大丈夫大丈夫
風が強い分、汗が飛ばされてしまってどれだけ水分奪われてるのかわからないけど休みいれるときには水分と塩熱サプリをチョイチョイ小まめに摂っておきました。

重忠橋を超えた先のコンビニでざるそば口の中もパッサパサなのかそばもパッサパサw
とりあえず食うもの入れるだけで素早くリスタート。
コースが西向きになるとやや風も収まって進みやすい。さほど足が速くは無いけども・・・。

第3エイドの淨恩寺51.4kmに15時17分に到着。(7時間11分)
画像

実は到着時間は調子悪かった去年より少し遅いです。
でも今回は体調は悪くない分、時間かかっちゃったなーふふ~ん って感じでした。
画像

ヤクルトっぽいものおいしかったです。

ココから川越に戻る方向の南に向かいつつやや登りも増えます。
先ほどまでの強烈な北風が追い風になるかと思うでしょうけども、実際には弱い追い風程度。
それでも登り坂での追い風は少し楽ちん
16時からはライト点灯義務があるので背面のチカチカライトをオン
ヘッドライトもその後少ししたら暗くなってきたのでオン

第4エイドの唐子エイド72kmに18時30分(10時間23分)到着
画像

美味しい肉うどんで補給しトイレも済まして、ここから寒くなると思われるので上下とも1枚ずつ増やし再スタート。
休んだ分、走りはじめのしばらくはプルプル寒かったけど
それなりに進んで体が温まったらもう暑い。途中で下は脱ぎました。
手袋も着けたり外したり。意外と寒さもそれほどでもなくちょっぴり汗もかいて快適。
コースミスしてる人を何人か誘導し直して休みつつ進みます。

圏央道川島IC脇の私設エイドで頂いた根菜入りみそ汁が美味しかった
画像

どこかの某ドラゴソボールで聞いた仙豆を頂きました。たぶん体力回復できるはずですw
煮豆を焼いてある?ようでずいぶん手間かかってる気がしますありがとう!

なんだかんだでスタート地点であり小江戸コース終了の川越蓮馨寺91kmに22時10分(14時間3分)
去年とほぼ同タイムで到着ですが、体調も体力も問題ないのでカップめんを頂いてちょっと休んでから再スタート。
22時半くらいには出発したと思います。ココから大江戸コース。
次のエイドまでは37kmあるので途中で
画像

なか卯でお食事
昔は、なか卯がスポンサーについていた時もアリその時はコース内で500円×2回食べることが出来ました。
今はスポンサーから外れていますが、その時の流れから何となく利用させてもらってますね。
というかうちの近くになか卯は無いので自分の中では、なか卯と言えば小江戸大江戸という感じなんですけどもw
もう1回途中のコンビニでクリームたい焼きも食べました
最近よく胃腸トラブルで走リにくくなることが多かったですが今回は小まめにチャンと食べることによってこれを抑えようという考えです。

夜という事もアリ距離感が狂って熊野町交差点が遠い。
間違えたかと思ってしばらく地図を見たり通行人に聞いたりしてました。
ここまでほぼ道沿いなので間違えようがないのですけどもw
思った以上にかかって熊野町~第6エイドの成願寺128kmに5時21分(21時間15分)
画像

とてもおいしい辛口の鹿肉入りカレーをたっぷり普通の1食分くらい頂いて、時間が遅かったのでタコが無くなってしまったタコ焼きを頂いたりしながらチョット休憩ウマカッタ
丁度整体ストレッチの先生が空いたのでモミモミしてもらう
あまりこういうのやってもらったことないけど、いつもならココのエイド出る登り階段がものすごく辛いけど今回はスタスタ登れた!スゴイね!!
さっきまでチョット辛かった太ももも腰もだいぶ楽な感じがする~
画像

写真撮影義務のあるチェックポイント都庁前の石を撮影
もう既に明るくなってきましたw今までの最遅タイムかと思いますw
なのに体がさっき揉んでもらった分楽で気分も楽で焦りも出てきません。
気分的には「朝www間に合うんかいなw」ってくらいでした。

六本木は朝通過なので夜より逆に人が少なく意外と通過が楽でした。
酔っぱらいタイムが終わって地元民の朝のワンちゃん散歩タイムでしたけど
画像

六本木ヒルズ下のハイアットホテル前の石のオブジェも撮影義務ポイント

体が楽な分、次の東京タワーがなんとなく近かった。
画像

東京タワー下のノッポン兄弟も
タワー下の私設エイドで梅干し頂きました。喉が渇いたせいか唾液も出にくくなっていたのでありがたかったです。
すぐ先の別の私設エイドでもゆず大根のおつけもの頂いてちょっと雑談

その先の皇居には既に朝の皇居ランナーがいっぱいで、ついついそのペースに乗せられそうになるけども
こっちはすでに140km越えて走ってるので全くついていけるはずも無く
第7エイド こあしす144kmに8時28分(24時間22分)
ここはコスプレしているハイテンションエイドスタッフがおもてなししてくれます
そうめんと豚汁・小型おむすびフルーツほか頂いてトイレも済ませて出発。
皇居の残り半分の下り坂が意外ときつく半分は温存で歩きました。登りより下りのがきついです。
画像

画像

東京駅から日本橋~両国~スカイツリーと経由して
第8エイドのおしなり君の家156kmに10時43分(26時間37分)到着
エイドの関門(11時半)には45分しかなかったけどここでもまったく無理とは思わなかったですね。
置いてあったパンはのどを通らなそうだったのでリンゴとスープを頂いて出ました。

画像

もう既に観光時間に入ってしまった浅草寺の撮影ポイント
仲見世通りは人が多すぎて歩いても進みにくい
画像

ここが最後の撮影ポイント
以前は御徒町駅の方を通るコースでしたが少し南の蔵前通りになってから少し走りやすいコースになりましたね。
本郷辺りはまぁまぁ人は多いのですけども。
東大赤門前の私設エイドで飲み物を頂いて消炎スプレーをかけて貰って少しスッキリ
北赤羽から浮間舟渡が以前より気分的に短く感じながらぼちぼち進めました。

第9エイド高島平178kmに15時(31時間)くらいに到着
ココはセンサー記録無かったので正確な時間は分かりませんでした。
カレーパスタウィンナー入りを紙コップサイズ2杯貰って早めに出発。
ここからしばらく河川敷を10km進むコース。
ここまで大江戸コースはかなり都会的なところを進んできたのでいきなり違う世界に放り込まれた感じになりますw
途中私設エイドで白玉ぜんざいふわふわでおいしかった~
更にその先の最終エイドまで頑張りました。

最終エイド189kmに16時56分(32時間50分)
ココの関門(17時半)に30分しか余裕が無かったですが小うどん2杯頂いてスタート
17時10分くらいには出たと思います。
のこり14kmちょっとに2時間50分。何とかなる時間です。
ヘッドライトの調子が途中でおかしくなって多分断線したようです。
16時からライトは着けてましたが点いてないのに気が付いたのは暗くなってからでした。
ヘッドライトはあきらめてハンドライトに変更。一応予備で両方入れといてよかった  
なんだかんだ荷物入れ替えてる時にたくさん抜かれたけどまぁ焦ることは無いわな。
同じくらいで走ってる人と話したりしながら進んでいきます。
流石に2回目の夜になると人間は寝てないと少し眠くなってきます
歌ったりしながら進むのですけども頭が回らず歌詞も曲も断片しか出てこないw

完全に寝ながらふらふら歩いてる人に声かけたりしつつやっと遠くにバイパス道の終わりの目印K's電気が見えてきた
残り2㎞はあっという間で

画像

19時36分(35時間30分20秒
で残り30分前にゴールできました。
途中ぼんやりと時間ぎりぎりか15分くらいは余ってゴールは出来るじゃろとざっくり計算してましたのでそれほど焦らず、ずっと何とかなるんじゃね?と思いながらお気楽に走ってました。
そのせいか、たまにもらえる沿道声援にも笑顔で答えられた分「めっちゃいい笑顔!」「余裕ある~」と言われ、
それがまた調子に乗る力になってました。

一応今回遅いなりにも完走できたので向こう3年は優先エントリー権が確保できました
終わってからもそれなりに痛いところはあるもののもう完全に無理ってほどでもなく割と体の余裕は残っていました。
今回良かったのはちゃんと食べるという事と、成願寺でやってもらったストレッチがかなり効いていたような気がします。

やっぱり小江戸大江戸はコースも楽しいけどエイドの魅力が大きく丸2日たっぷり遊べたという感じが最高ですね。

この記事へのコメント